毎日の食事と不妊症の関係性

子どもを授かるために妊活を頑張っている方はたくさんいらっしゃいます。その中には不妊症で悩んでいる方も少なくありません。自分が不妊症だということを知った時には大変なショックを受けたはずです。不妊症の理由は様々ですが、日々の食生活も影響しています。食生活の乱れに心当たりがある場合、食生活を見直すことで体質の改善に繋がり、不妊症の対策にもなります。こちらでは、毎日の食事と不妊症の関係性をご紹介いたします。

日本の伝統的な食事

現代は様々な料理で溢れています。特に日本は戦後、欧米の食文化が急速に浸透し、家庭でも昔ながらの日本食を食べる機会が減ってきています。しかし、欧米の料理は欧米人の体に合わせて作られている料理なので、日本人が食べると脂肪のとり過ぎになる恐れがあります。しかし、欧米の食事を否定するという話ではありません。

欧米の食事を選択した時、どんなものを使うかが大切です。既製品の加工食品やソース類などを使用する事は不全な食べ物を口にする事につながるのです。また、油を選ばないと排卵障害の原因にもつながってしまいます。
健康を維持するためには、生まれ育った場所の伝統的な食事が1番体に合う事も事実です。
昔ながらの一汁三菜を心がけ粗食を意識する事も大切です。

昔から日本人が食べてきた料理や食事スタイルを生活に取り入れることが、バランスの良い食生活に繋がります。
しかし、日本食の弱点は砂糖を多く使いすぎる事にあります。「結局何を食べたら良いのですか?」という質問を頂きます。
良い調味料を使って【まごわやさしい + 良質な動物性たんぱく質】が子宝先生がおすすめする食生活です。
妊活、不妊治療中の方は、口に入れるものを見直しましょう。

こちらを参考にしてください ➞ http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/6253

乱れた食生活を続けると

習慣を改善することは、とても大変なことです。インスタント食品やファーストフードなどの外食が習慣化すると、栄養が偏りがちになり食生活が乱れてきます。乱れた食生活を続けていると、体の健康を維持することが難しくなってしまいます。
女性の場合、排卵障害や生理不順など女性特有の症状を引き起こす原因になります。男性も男性不妊の対策をする際に乱れた食生活をしていると、貧血などを引き起こして対策の妨げになるので、男女ともにバランスの良い食事をとることが大切です。

野崎薬局では、不妊や妊活などのお悩み相談を承っております。通販では、妊活をサポートする漢方薬やお茶をご提供しています。不妊や妊活などでお悩みの際は、野崎薬局へご相談ください。

△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |