不妊からのうつを防止する方法

子どもを持ちたいと思っている夫婦にとって、不妊はとても辛い問題です。女性の不妊症や男性不妊は、ふだんの生活に支障をきたす体調不良の症状などはありませんが、精神的ダメージで心を病み、体調不良に繋がってしまうことがあります。
また、あえて言わない不安や葛藤のために本当は仲良しのお二人の間に溝が出来てしまう事も多いのです。
人は誰でもうつの症状はあります。その後あがってくるかどうかは過ごし方次第です。
もちろん向精神薬に頼っても何も解決しません。かえって不妊の原因が増えることが多いのです。

不妊でのうつの兆候

親戚や友人の子どもと遊ぶのが辛い、妊娠している方やベビーカーを押して歩いている人を街中で見るのが辛い、赤ちゃんを見たら涙が溢れ出してしまうなどの症状は、未妊からくるうつの兆候かもしれません。

症状がひどくなると、一人で悩んでしまい、勝手に涙が出てしまう事もあります。日常生活を送ることが困難になる前にご相談くださいね。うつに悩み薬に頼ると不妊治療も行えず、ますます妊娠しづらい体質になるおそれがあります。

1人で悩まない

子どもができないことを1人で悩まないようにしましょう。親や親戚、友人などの周りから子どもは作らないのかとプレッシャーがかかると、なかなか誰かに相談することができないかもしれません。

また、パートナーが「いつかできるだろう」と楽観的に考えていて、相談しづらいという方もいるでしょう。しかし、1人で悩んでいるとそれがストレスとなってしまいます。まずはパートナーと話し合い、お互いの気持ちを確かめ合いましょう。

また、趣味を楽しんだり友人との会話を楽しんだりと、適度にストレスを解消することも、うつを予防するための大切なポイントです。

自分を責めない

子どもができないのは自分のせいだと、自分を責めてはいけません。自分を責め、自己嫌悪に陥ってしまうとどんどん考えがマイナスに働いてしまいます。その結果、うつを引き起こすおそれがあります。

パートナーとの楽しい時間を作る

子どもができないことからの焦りや不安でふさぎ込むことで、夫婦仲がうまくいかなくなるおそれがあります。
妊活は夫婦で協力して行うものです。パートナーとの楽しい時間を持つことで、ストレスや不安を軽減し、うつを防止することに繋がります。今出来る事は、以前のようにデートの約束をする事です。あなたにとって楽しみな予定を前もって立てる事は普段のストレスを軽減する効果があります。

リラックスタイムを作る

常に不妊のことについて考えていては、気が参ってうつになってしまいます。不妊や妊活のことを考えない時間を作ることが必要です。通販で買い物を楽しんだり、読書をしながら身体と心を温めるような漢方薬配合のお茶を楽しんだり、リラックスできる時間を作りましょう。

※うつ症状は誰にも存在します。病気ではないですが未妊を引き起こす原因になります。漢方の野崎薬局ではカウンセリングにて授かるための準備、妊娠しやすい身体つくりのためのアドバイスをさせていただきます。

野崎薬局では通販にて、漢方を使ったお茶や健康食品をご提供しております。不妊に悩む方や妊活をされている方が抱えるお悩みを解決するためのサポートを行います。不妊症などに関するお悩みは、野崎薬局までご相談ください。

△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |