基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

薬草クラブ レンギョウ

レンギョウ・連翹(モクセイ科)Forsythia suspense VAHL、などの果実

寄贈者名・産地・年月日・経歴:2001、大明寺

繁殖法:2~3月挿し木

 

[気味]苦、微寒

[帰経]心・小腸

[主治] 排膿、解毒、ニキビとり(清熱解毒・清心瀉火・消癰散結・清熱利小便)

 

レンギョウは中国原産の低木。

中国原産であるレンギョウは、江戸時代、綱吉が将軍になったころに渡来しました。

熟した果実を薬用とし、連翹といいます。特異な香気があり、皮膚表面を引きしめ、細菌などから保護する働きがあります。

4月上旬、黄色の花をつけ、めしべの長い雌性株、短い雄性株の二型があります。実をつけさせるには、雄株を混植せねばならなりません。

連翹は、清上防風湯、荊芥連翹湯や響声破笛丸(ササクール)に配合される生薬です。岡山県や小豆島にはヤマトレンギョウを産します。シナレンギョウ、チョウセンレンギョウも盛んに栽培されています。

この植物は蓮に似て房をつくるから連、別名を異翹といったのを、合わせて連翹とした、と『本草綱目』に書かれています。

 

連翹は 上焦の熱 さましつゝ 癰毒瘡(ようどくかさ)を よくいやすなり

連翹は 枝をえり捨 砕(くだき)つゝ きさみそのまま つかひこそすれ

 

効用

・天日乾燥した果実(レンギョウ実)3~5gを300㏄の水で煎じ、1日3回服用する。排膿、解毒、ニキビとりに効果がある。

 

レンギョウの花は、サクラの花びらのように一枚一枚離れて散らず、花の基部が融合していて、先が四つに別れ、あたかも四枚の花が在るかのように見えます。

このような花を、花弁が合わさっているので合弁花(ごうべんか)といい、花びらに相当するところを花冠(かかん)と称します。

蕾のときは、この花冠が捩(ね)じれているという性質があります。

例えば、ユリの花は捩じれていまえんが、アサガオ、リンドウ、クチナシの蕾は捩じれています。

捩じれの性質は、植物進化の上で後進性を伝えるものとして扱われています。

 

花冠が開くと、なかに二本の雄シベと中心に一本の雌シベがあり、先端の柱頭が軽く二つに分かれています。

しかし実際に一つ一つの花を観ると、雄シベだけが目立つもの、または雌シベが目立ち、雄シベは基の方で短く着いているもの、つまり花に二型あります。

これらは株によって異なります。ちょうど雌株と雄株とがあるようです。そしてこの両方の株がないと果実が成りません。

九月ごろになると果実が稔ります。これを摘みとり自然乾燥させたものが連翹です。

 

連翹に一閑張の机かな(子規)

早朝の頃、枝ごとにびっしりと鮮やかな黄色の花を開く庭木がある。

連翹だ。賑やかに咲く。雨の日でも、この花がさいているあたりだけは明るい

。満開になると枝も幹も隠れてしまって、黄一色に染まる。

投稿日 : 2019年 3月 26日 作成者 :y.nozaki

人気のタグ

コメント

現在コメントはありません

コメントを投稿する

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |