基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

薬草クラブ ジャノヒゲ・麦門冬

ジャノヒゲ・麦門冬(ユリ科)Ophiopogon japonicus KER-GAWL,の塊根

寄贈者名・産地・年月日・経歴:1999,11唐招提寺

薬用部位・開花・採集時期:開花は初夏。収穫は、5月に紡錘根を。

 

[気味]甘・苦、微寒

[帰経]肺・心・胃

[主治]咳止め、痰切り、声がれ、滋養強壮。心臓、糖尿病に用いる(清熱潤肺・止咳・養胃生津・清心除煩・潤腸通便)

 

麦門冬 痰熱をさり 陰をまし 渇(かわき)をとめて 嘔(からえづ)きやむ

麦門冬 湯に浸(ひた)しつゝ 心をさり 日にほし焙り 用いこそすれ

(橋本竹二郎訳『新編和歌能毒』)

 

妹待つと三笠の山の山(やま)菅(すげ)の止(や)まずや恋ひむ命死なずは

((妹待つと)三笠の山の山菅のように,やまずに恋い慕うことであろうか,命さえ絶えないのなら。)

(『万葉集』巻12 – 3066)

 

別名「リュウノウヒゲ」ともいう。山林のへりや草原の日の当たるところに生える多年草。北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国からヒマラヤまでに分布するもので、日本はジャノヒゲの分布の東限になっています。

 

✡効用

・滋養・強壮 乾燥した根(麦門冬)5~10gに蜂蜜5~10gを加えて煎じ服用。

・せき止め 麦門冬10g、半夏・硬米5g、人参・甘草2g、大棗3gを煎じて服用。

・風邪の咳、喘息、百日咳、気管支炎等で、分泌物の少なく、痰の切れにくい咳に1日量6~12gを水500mlで半量まで煎じ、1日3回に分けて服用する。

・心臓病や滋養強壮 麦門冬に蜂蜜を加えて、煎じて服用。

 

漢方薬

・麦門冬湯:麦門冬10.0;半夏・粳米各5.0;大棗3.0;人参・甘草各2.0

・竹葉石膏湯:石膏10.0;麦門冬・粳米各6.0;半夏4.0;人参3.0;竹葉・甘草各2.0

・生脈散:麦門冬・人参各6.0;五味子3.0

 

ジャノヒゲを食べる

・梅酢漬け:根先についている塊根を水に浸し、土を落とす。さっと茹で、熱いうちに赤梅酢とミリン(同量)を合わせた液に漬ける。味噌漬けにしてもよい。

・薬酒(塊根):隠れるくらいの焼酎に約1年間漬けて作った麦門冬酒は血液の循環をよくし、疲労回復、鎮咳剤となる

 

類似植物

ジャノヒゲ属のものは花が下向きに咲き、種子が青色になるが、よく似たヤブラン属花は上向きに咲き、種子が黒色や緑黒色になる。

見分け方は次表のようになる。

植物名

葉の縁のざらつき 葉の幅 種子の色
ジャノヒゲ 著しい 2.4㎜ 青色
ヒエヤブラン ほとんどない 1.5~2.0㎜ 黒色
ヤブラン 多少はある 1㎝ 緑黒色
オオバジャノヒゲ 多少はある 4~6㎜ 汚藍色

 

投稿日 : 2019年 1月 1日 作成者 :y.nozaki

人気のタグ

コメント

現在コメントはありません

コメントを投稿する

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |