基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

薬草クラブ ゲンジン・玄参

ゲンジン・玄参(ゴマノハグサ科)Scrophularia ningpoensis Hemslmの根

寄贈者名・産地・年月日・経歴:和漢薬研究所・1996,4・中国原産・富山医薬大薬園より中国原産のもの

薬用部位・開花・採集時期:開花は9月・収穫は2年目の秋に根を掘る

繁殖法:春に株分けして植え替え

[気味]苦・鹹、寒

[帰経]肺・胃・腎

[主治]滋陰涼血・除煩、滋陰降火・解毒、清熱軟堅、潤腸通便

 

玄参は 骨蒸(こつしやう)さまし 腫消(はれせう)し 腎気をも よく補ひぞする

玄参は火(ひ)を忌(いむ)といふ せつ有(あ)れば ざみて焙(あぶる) 事も有けり

(橋本竹二郎訳『新編和歌能毒』)

 

効能と応用

①滋陰涼血・除煩 温熱の邪が営血に入り夜間高熱・意識障害・斑疹・舌質が絳色等の症候に、犀角・生地黄・麦門冬・丹参などと使用する。

②滋陰降火・解毒 陰虚火旺による咽喉の腫脹疼痛・眼の充血・骨蒸潮熱・のぼせ・咳嗽・喀血などの症候に、生地黄・麦門冬・白芍・夏枯草・牡丹皮・知母・黄柏などと用いる。

③清熱軟堅

④潤腸通便

 

1年生の草木で、高さは60-150cm。

花期は7-8月。果期は8-9月。

温暖湿潤な気候を好むが、耐寒と耐乾を持っている。

  • 薬用性能:甘・鹹。微苦・寒
  • 栽培技術

 

繁殖方法

①塊茎繁殖:北方地区は秋の収穫後、芽を持った根状茎を1m幅の深さが45cmの穴に貯蔵し、20-25cmの厚さの砂土で覆い発芽を抑える。天候によって20cm左右増やす。貯蔵期間中は、0-2℃に保持する。

2年目の春、4月上旬に取り出し、2―3個の芽頭を付けた塊に割り、行間隔を35-60cm・株間隔は30cmとし、穴に芽を上向きに入れ4,5cm覆土して鎮圧ご散水する。

気候が温暖な所では2月上旬から3月上旬に植える。

②種子繁殖:この方法は成長が良く病害は少ない。

北方は3月、天気の良い時に苗床に散水し、種子をばら撒き又はすじ蒔きする。

ふるいで細土を被せる。苗床面は稲草で保湿し、発芽前に取り除く。

苗が6cmになったら定植する。

南方は秋播きする。

 

管理方法

連作を嫌うので、3―4年間隔で行う。

根部が深く、肥料の吸収が強力なので深く耕して基肥を入れる。

栽培時は、畦高は25cm・幅45-60cm・頂部30cmの畦を作る。

追い肥1-2回。

採取

葉柄が枯れた後、掘り起こして子芽の有る物と薬用部分の塊根に分ける。

投稿日 : 2018年 12月 24日 作成者 :y.nozaki

人気のタグ

コメント

現在コメントはありません

コメントを投稿する

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |