基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

基礎の舌診断法 舌体の形態

前回の記事はこちらをご覧ください

舌体(ぜったい)の形態では、「胖大舌(はんだいぜつ)」「痩舌(そうぜつ)」「歯痕舌(しこんぜつ)」「裂紋舌(れつもんぜつ)」などが臨床的に重要です。

痰湿(たんしつ)といって、全身に水があふれると、足が浮腫(むく)むように、舌も浮腫んで、「胖大舌」になります。「胖大舌」は唇よりも舌が大きくなります。さらに浮腫むと、足が浮腫んで靴下の跡がつくように、歯の痕がつきます。「歯痕舌」です。これは脾虚(ひきょ)や陽虚(ようきょ)などの虚証(きょしょう)が進行して、舌も虚証を反映して軟弱となって歯痕がつきやすくなります。逆に、全身の血や津液(しんえき)が不足すると、舌は痩せて「痩舌」となります。鬼の面の般若のように、尖った舌になります。

「裂紋舌」は、虚証をあらわします。舌に亀裂が入っています。これは、乾燥状態が続いた田んぼをイメージしてください。

胖大舌、少苔、裂紋 痩舌、舌根部少苔 歯痕舌、舌尖瘀斑、中根部白膩苔
65才、パーキンソン病、動きが鈍い、うつ状態、疲れやすい 76才、間脳梗塞・萎縮、疲れ 73才、肺気腫、食欲少、瘦、ほとんど横になっている
裂紋、少苔 痩舌、右偏苔、絳舌 裂紋舌、中心部無苔、

舌尖部瘀斑

76才、体重減少、食欲少、上肢シビレ、不眠 78才、脳梗塞、頭痛、頚部痛 肝硬変から肝臓癌食道動脈瘤、息切れ、顔色青黒い
歪斜舌 舌下静脈の怒張 舌下動脈の怒張
63才、左顔面マヒ 65才、大腸癌手術、糖尿病、

脂肪肝、高血圧、肥満

 

もう1つ重要なのは「歪斜舌(わいしゃぜつ)」です。患者さんに「舌を出してください」と言った時に上の写真のように、舌が偏(かたよ)って出ます。これは要注意です。脳血管障害(脳卒中)による片麻痺の可能性があります。東洋医学の「中風(ちゅうふう)」「肝風内動(かんふうないどう)」です。こういった「歪斜舌」を見た場合や、脳卒中を疑う場合、必ず、舌の裏の舌下静脈を確認します。また「顫動舌(せんどうぜつ)」といって、舌が震(ふる)える場合も要注意です。これは東洋医学的には「肝風内動」です。この震える舌も脳卒中の可能性がありますし、甲状腺機能亢進症やヒステリーでも震えます。

投稿日 : 2018年 5月 29日 作成者 :y.nozaki

人気のタグ

コメント

現在コメントはありません

コメントを投稿する

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |