基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

基礎の舌診断法 望診

東洋医学の舌診(ぜっしん)の基本は、まず太陽光など明るい場所で診ることです。

蛍光灯では色が変わります。

舌を長く出していると充血し、また乾燥します。一定時間出した後、舌を引っ込めてもらいます。

 

顔面の望診(ぼうしん)と同じく、まず神気(しんき)をみます。神気(しんき)のない舌は予後が良くありません。

神気の無い舌  正常舌  淡白舌
84才、食欲無し、貧血、体重27kg 64才、肺癌

投稿日 : 2018年 5月 29日 作成者 :y.nozaki

人気のタグ

コメント

現在コメントはありません

コメントを投稿する

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |