基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

漢方の野崎薬局 最新情報

薬草クラブ ショウガ(生姜)

  1、ショウガ [気味]辛、温 [帰経]肺・脾・胃 [主治]芳香性の辛味健胃薬であり、食欲増進、胃下垂、吐き気、しゃっくり、腹痛、下痢、風邪、蟹魚毒消し(発散風寒・袪痰止咳・温中袪湿・化飲寛中・降逆止嘔)。   2、生姜汁 [気味]辛 、微温 [帰経]― [主治] 辛散の力が強く、開痰止嘔するので、中風痰迷の牙関緊急・意識消失・嘔吐などに用

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 1日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ シュウカイドウ

シュウカイドウ(シュウカイドウ科)漢名 秋海棠   中国原産で、各地に栽培される。白井光太郎著『改訂増補日本博物学年表』(1941)によれば、寛永18年(1641)にシュウカイドウを中国から輸入すとしている。   名前の由来 天明4年(1784)、スウエーデンのツンベルク著『日本植物誌』(フローラ・ヤポニカ)は、長崎で採集したシュウカイドウを日本名sjukai

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 1日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ジャノヒゲ・麦門冬

ジャノヒゲ・麦門冬(ユリ科)Ophiopogon japonicus KER-GAWL,の塊根 寄贈者名・産地・年月日・経歴:1999,11唐招提寺 薬用部位・開花・採集時期:開花は初夏。収穫は、5月に紡錘根を。   [気味]甘・苦、微寒 [帰経]肺・心・胃 [主治]咳止め、痰切り、声がれ、滋養強壮。心臓、糖尿病に用いる(清熱潤肺・止咳・養胃生津・清心除

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 1日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ シャクヤク・芍薬

シャクヤク・芍薬(ボタン科)Paeonia veitchii LYNCH 寄贈者名・産地・年月日・経歴:1996,4、1999,11唐招提寺、1996,4和漢薬研究所、伊佐治氏 薬用部位・開花・採集時期:開花は5~6月、収穫は、4~5年目の秋。天日乾燥。   白芍(びゃくしゃく)(コルク皮を除去し、そのままあるいは湯通しして乾燥) [気味] 苦・酸、微寒

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 31日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ シソ・紫蘇葉、紫蘇子

シソ・紫蘇葉、紫蘇子(シソ科)Perilla frutescens BRITTON var、acuta KUDO 寄贈者名・産地・年月日・経歴:1995,4橋本竹二郎氏   1、紫蘇葉 [気味]辛、温 [帰経]肺・脾・胃 [主治]体の中の冷えを温め気として発散し、心身ともによみがえらせ、その色は紫で血分に入り血を和する。 蟹海老魚貝類の毒を解す(発

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 31日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ サンソウニン・酸棗仁

[気味]甘・酸、平 [帰経]心・肝・胆・脾 [主治] 不眠・多夢(補肝寧心・収斂止汗)   サネブトナツメ Ziziphus jujuba Miller var. spinosa Hu ex H. F. Chou(Rhamnaceae クロウメモドキ科)の種子。 調製       秋に熟した果実から果核を取り出し、石臼で挽き、種子を取り出して陽干する。 秋頃、成

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 31日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ サンショウ

サンショウ 1、山椒 [気味]辛、温 [帰経]脾・胃・肺・腎 [主治]胃の働きの弱くなった消化不良や消化不良による胸苦しさ、みぞおちのつかえ、腹の冷え、腹部のガスの停滞、それに伴う腹痛に効果がある。また、肺を温め、胃を健やかし、腎陽(じんよう)を助ける。若芽は魚臭を消す(散寒燥湿・止痛・散肺寒・補腎火)。   山椒はからくうん也むししゃくじゅ 目をあきらかに歯を

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 29日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ サンシュユ・山茱萸

サンシュユ・山茱萸(ミズキ科)Cornus officinalis SIEB、etZUCC 寄贈者名 1999,11唐招提寺 [気味]酸、微温 [帰経]肝・腎 [主治]滋養・強壮薬として、老化予防やめまい・耳鳴り・遺尿・尿意過多・腰や膝の痛み(補益肝腎・固経止血・斂汗固脱)   山茱萸は 腎虚(じんき)耳鳴 腰膝の いたみをとめて 精をますなり 山茱萸は 

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 29日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ サンザシ(山楂子)

サンザシ(山楂子)バラ科、Crataegus cuneata Siebold et Zuccarini 寄贈者名 1999,11唐招提寺(橋本氏が平成6年に富山医科薬科大学の藤野廣春先生より富山大学に80年来伝わるサンザシをいただいた物) [気味]酸・甘、微温 [帰経]脾・胃・肝 [主治]肉食の消化促進健胃、消化、整腸、魚毒を消す(消食化積、止痢、破気化瘀・消長散結)。

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 29日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ サフラン

サフラン(番紅花)(アヤメ科)Crocus  sativus L.の柱頭 [気味]甘、寒 [帰経]心・肝 [主治]滞った血液を清浄にし、血行をよくし、婦人の解毒や通経、発熱を冷ます(活血化瘀・涼血解毒・解鬱安神)。 花の中心にある朱紅色をした雌しべを採集して乾燥したものが薬用または黄色染料、1オンスのサフランを得るのに4300もの花が要ると言われます。地中海沿岸地方の原産で、紀

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 28日 作成者 : y.nozaki

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |