基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

漢方の野崎薬局 最新情報

食養生の基礎 ハクサイ

  原産地は中国北部で、野生の植物からではなく、蕪(かぶ)と漬(つ)け菜(な)類が自然に交雑して、栽培種としての白菜の原形ができたと推定されています。中国では11世紀ごろの「本草図経」に記録があり、現在でも最も栽培量の多い野菜です。 白菜の英名も「Chinese cabbage(中国のキャベツ)」といいます。 日本での歴史は以外なほど浅く、初めて入ってきたのは1875年(明治8年

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 ノリ(海苔)

[気味]甘・鹹、寒 [帰経]肺 [主治]滋養および軟堅作用があり、甲状腺肥大、リンパ結核、脚気に適用される。生活習慣病の予防になる(化痰軟堅・清熱利水・利咽止咳)。   紫菜(あまのり)はあまく寒なり気をくだす いきりをさますものとしるべし(あまのりは甘く寒なり、気を下す、いきりをさますものと知るべし) あまのりハはれるものなどに少よし おほくしょくせははらいたミはる(あまの

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 ネギ

・ネギ [気味]辛、温 [帰経]肺・胃 [主治]風邪の発熱悪寒を除き、顔や目の浮腫を治し、よく汗を出す。ネギは、発散通気を主り、手の太陰肺経、足の陽明胃経、足の少陰腎経に入る。上下の陽の気を通じ、一切の魚肉の毒を解す。ネギに含まれるアリシンは、血行をよくして身体を温め、消化を助け、疲労の蓄積を防ぎ、神経を鎮めるなど、さまざまな効果があり、また、強力な殺菌作用があります(散寒解表・通陽

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 ニンニク(大蒜(たいさん))

原産地は、中央アジアのキルギス地方と言われていて、日本には中国を経由して、奈良時代頃にはもう伝わっていたとされています。 球根の強烈な臭気は、葷(くん)(五葷はネギ科ネギ属の植物であるネギ、ラッキョウ、ニンニク、アサツキ、ニラ)を代表し、ヨーロッパでは門口にこれを並べて、悪霊の侵入を防ぐといい、東洋でも同様の風習が見られました。 和名の「ニンニク」は仏教用語の“忍辱(にんじょく)”から

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 ニラ

[気味]辛・甘、温 [帰経]肝・腎・胃 [主治]内臓を温め、疲労回復、食を進め下痢を治す。肝経の病を主る。最も中脈を補うのによい(補陽和中降気・舒筋活血化瘀・解毒)。   中国西部原産と考えられる葷(くん)の類である。中国名を韮、日本への渡来は早く、『和名抄』(932)にコニラという古名で出ている。 人見必大著『本朝食鑑』に「韮(にら)は、五辛の一つ(韮(にら)・薤(らっきょ

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 ニガウリ

[別名] ツルレイシ、ゴーヤー [原産地] アジアの熱帯地方 [気味] 苦、寒 [帰経] 心・脾・胃 [主治] 清暑止渇(熱病の発熱、熱射病、口渇、発汗)にて夏バテ予防によい。冷え症の方は控えめに。   効用 ・ニガウリ粥:夏バテ防止に、生姜のみじんきりを炒め、薄切りの苦瓜をさっと炒めて、塩、淡口醤油で味を調え、梅のみじん切りを和え、粥の上に乗せ、み

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 ナズナ

  [気味]甘、平 [帰経]肝・胃 [主治]五臓を利し、目を明らかにし、胃を益する(清熱利水・涼血止血・平肝明目)。   薺(なづな)うんあまくどくなしかさにいむ 気をもうごかす中をやハらぐ(萕は温で甘く毒なし瘡に忌む、気をも動かし中を和らぐ) なづなねハ目のいたミをぞとむるもの しるもミだして中へ入べし(なづなは目の痛みを止めるもの、汁も見

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 トマト

[気味]甘・酸、微 [帰経]肝・脾・胃 [主治]清熱・解毒・涼血・平肝作用がある。寒い時期や冷え症の場合は多食を避ける(生津止渇・健脾開胃・消食)。 [禁忌・注意] ①寒い季節や冷え症の場合は多食を避ける。②軟便、腹痛の場合は多食を避ける。   ①トマトは中世ヨーロッパへ渡来した。日本の食用栽培は大正時代からです。 ②高血圧の予防に使用されるリコピ

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 9月 19日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 トウガン(冬瓜)

  トウガン [気味] 甘・淡、徽寒 [帰経] 肺・大腸・小腸、膀胱 [主治]十種の水気を利し、清熱する効があり、水腫をとり、解毒する。皮は足の甲の浮腫を消すのに効果があり。また種子は消炎、利尿、排膿作用があり、潰瘍性大腸炎などに応用される。酒毒を能く解す(清熱解毒・利尿・生津止渇)。   冬瓜皮 [気味] 甘、微寒 [帰経] 肺・胃・大腸・小腸 [主治] 清

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 8月 28日 作成者 : y.nozaki

食養生の基礎 トウガラシ

    [気味]辛、熱 [帰経]心・脾 [主治]香辛料として胃液分泌を増進し、食欲増進し、身体を温める。胃腸を患う人は食さない(温中散寒・開胃除湿・駆虫殺菌・温通瀉血)。   青くても有るべきものを唐辛子 (芭蕉)   うつくしや野分(のわき)のあとのとうがらし (蕪村)   『本朝食鑑』に「胸膈を開き、宿食(消化

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 8月 28日 作成者 : y.nozaki

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |