基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

漢方の野崎薬局 最新情報

薬草クラブ ゲンノショウコ

  ゲンノショウコ Geranium thunbergii   本州、四国、九州に見られる多年草で、花の色は東日本では白色、西日本では紅色、東海地方は西日本の系列になるのか、所によって紅・白の入り交じる場所もあります。土用の丑の日の頃に葉茎を採取し、日干し乾燥させてから保存します。葉にもっとも成分が多いので、傷つけないように調整をしてください。 昔から民間薬として愛

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 26日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ゲンジン・玄参

ゲンジン・玄参(ゴマノハグサ科)Scrophularia ningpoensis Hemslmの根 寄贈者名・産地・年月日・経歴:和漢薬研究所・1996,4・中国原産・富山医薬大薬園より中国原産のもの 薬用部位・開花・採集時期:開花は9月・収穫は2年目の秋に根を掘る 繁殖法:春に株分けして植え替え [気味]苦・鹹、寒 [帰経]肺・胃・腎 [主治]滋陰涼血

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 24日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ゲンカ 芫花

ゲンカ・芫花(ジソチョウゲ科)Daphne geukwa Sieb. et Zucc. 一名:ふじもどき・ふじざくら・ちょうじざくら   正倉院薬物として現存する芫花は、この植物の花蕾を乾燥したのも。鑑真和上がお持ち下さった薬物の一つである可能性があります。 中国原産のじんちょうげ科の、高さ1m前後の落葉低木で、花蕾を乾燥した物を生薬・芫花という。4月~5月にかけて

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 24日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ けいか 瓊花

私たちの薬苑が、中国揚州市・大明寺境内に作られた「鑑真和上才花苑」の“分苑”になったのを記念し、平成13年(2001年)4月、揚州市大明寺住職・能修方丈より寄贈されたもの。 異名を“聚八仙(八仙花)”と言い、中心にほのかな甘い香の5㎜程の薄黄色の正常花を咲かせ、その周りに真っ白の装飾花8枚が囲む直径が15㎝ほどの花です。 八人の仙人が聚っているようだということからの命名のようです。

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 24日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ クサギ

クサギ(Clerodendrum trichotomum Thunb,)     正眼寺住職の山川宗玄老師著『無心の一歩をあゆむ』には、次のように記載されています。「クサギは虫も鳥も寄りつかない強い匂いのある木ですが、正眼寺の僧堂ではこの葉を干して冬の保存食としている。そのお心は“ 他の生き物の生存を脅かすのはできるだけ避けておきたい”」。  

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 23日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ クズ

クズ 葛根(根)、葛花(かっか)(花)Pueraria thunbergiana Benth     葛根 [気味]甘・辛、涼 [帰経]脾・胃 [主治]頭痛、発熱、頸すじや背中の彎曲(血糖降下、冠状動脈の流血量を増加、血液循環を良くする、解熱(解肌退熱・透疹・生津止渇・昇陽止瀉)。   葛粉 [気味]甘、平 [帰経]脾・胃

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 23日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ クチナシ・山梔子

クチナシ・山梔子(アカネ科)Gardenia jasminoides Ellis var.jasminoides 寄贈者名 唐招提寺・1996,4 1999,11 奈良県橿原市近郊より実の大きいものを撰抜、実生苗とする。     山梔子 [気味]苦・寒 [帰経]心・肺・肝・胃・三焦 [主治]熱を去り、胸中のもだえ苦しみを除き、或

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 23日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ クララ 苦参

クララ・苦参 Sophora flavescens Ait.(マメ科)     寄贈者名・産地・年月日・経歴:摂南大学・1996,5   薬用部位・効能・開花・採集時期:開花は6月・収穫は、2年目の秋から冬に根を掘り、外皮を除いて刻み、天日乾燥。   苦参 [気味]苦、寒 [帰経]心・肝・小腸・大腸・胃 [主治

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 23日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ クリ

栗 Castanea crenata Sieb. et Zucc. (ブナ科 クリ属)     栗 [気味]甘・鹹、温 [帰経]脾・胃・腎 [主治]補腎の代表果実。腸胃を丈夫にし、腎気を補い、食欲不振、疲れ、下痢、足腰のだるさ、咳、頻尿、夜尿。多く食すると腸胃を損う(養胃健脾・補腎強筋・活血止血・止咳化痰・健脳)。   かち栗はあまく平にてど

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 23日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ クワ

クワ(クワ科)Morus bombycis Koidz.     ・桑椹(そうじん)(クワの成熟した集合果) [気味]甘、寒 [帰経]心・肝・腎 [主治]陰血不足の目まい・耳鳴り・病後の虚弱・不眠・目がかすむ・白髪・消渇、便秘(滋陰補血・生発烏髮、生津、潤腸通便)。   ・桑白皮(そうはくひ)(6~7月に採取して天日に

[続きを読む]

投稿日 : 2018年 12月 23日 作成者 : y.nozaki

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |