妊活中の方への食事指導

dōTERRA:ドテラ

お塩ちゃんの天日海塩

映画「かみさまとのやくそく」

全国の不妊治療一覧

不妊の原因

助成金情報

男性不妊

ワクチン情報

【不育症と漢方】流産経験がある方ご相談ください

【逆子と漢方】今から始める逆子の予防から治療まで

【ショウキT-1タンポポ茶PLUS 】子供を欲しい方のための妊活サプリ

薬剤師・鍼灸師の野崎利晃です。まずはお気軽にご相談ください。■0120-19-1661(携帯からもOK)電話058-241-1661

最近の記事一覧

カテゴリー

基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

薬草園blog

子宝カウンセラーの会

子宝ブログ

長尾周格

低血糖症の発症メカニズム 長尾先生のお話

低血糖症の発症メカニズム

今回は長尾周格先生の記事を紹介です。来年2017年2月26日 第6回生命の神秘にて講師をして頂く先生です。少し難しいですが、講演は分かりやすく面白いお話です♪

糖質の摂りすぎで低血糖症になるといっても、伝統的な農耕社会の人たちには肥満も糖尿病も高血圧も少ないというのは事実です。普段の食生活における糖質摂取量だけでは低血糖症の説明はできません。ではなぜ低血糖症になるのか、なぜ文明国に低血糖症が多いのか、低血糖症発症のメカニズムを知ることでその理由が分かるようになります。

低血糖症とは、糖質の過剰摂取によってインスリンの過剰分泌が起き、これによって糖質を摂っているにもかかわらず血糖値が下がりすぎてしまう病態を指します。血糖値が下がると血糖値上昇ホルモンであるグルカゴン、アドレナリン、糖質コルチコイド、チロキシン、成長ホルモンなどが分泌され、これが様々な病態を引き起こします。ではなぜインスリンの過剰分泌が起こるのでしょう?

糖質と一口に言っても、単糖類、二糖類、多糖類といった種類があり、また単純糖質と複合糖質があって、それぞれ吸収の仕方が違います。それでも基本的には糖質は単糖まで分解されてから体内に吸収されます。単糖にはブドウ糖と果糖があり、それぞれ体内での代謝の仕方が違います。

果糖はブドウ糖の2倍以上甘く、砂糖や異性化糖の甘さの中心となっている単糖です。そしてまた果糖はブドウ糖の10倍も糖化能力が高く、血管内皮細胞や末梢神経を傷害します。このため生体は、ブドウ糖より果糖を優先的に処理しようとします。
小腸で吸収された果糖は門脈を通って肝臓に至り、肝臓で中性脂肪に変換されます。ところがここで処理しきれなかった果糖が肝臓から出てしまうと、今度は内臓周りの脂肪細胞が優先的に果糖を取り込んで中性脂肪に変換します。果糖は脂肪肝や内臓脂肪の蓄積に大きく関係しているのです。

脂肪細胞には全身の皮下にあるものと内臓周りにあるものとがあり、内臓周りの脂肪細胞が肥大すると、内臓脂肪が蓄積して様々な悪さをします。特に厄介なのが、内臓脂肪の脂肪細胞は肥大すると、アディポサイトカインという物質を出して、それがインスリンの効きを悪くしてしまうということ。アディポサイトカインにはインスリン抵抗性を引き起こすTNF-αや、高血圧に関与するレプチンやアンジオテンシノーゲン、血栓形成を促進するPAI-1、動脈硬化に関与するアディポネクチンやHB-EGFなどがあります。

これらアディポサイトカインによってインスリン抵抗性が増すと、インスリンの効きが悪くなって膵臓からインスリンの追加分泌がより必要となってしまいます。これがインスリンの過剰分泌を生み、低血糖症が発症してしまうのです。

というわけで、低血糖症は単糖である果糖を過剰に摂取することで内臓脂肪が肥大し、インスリン抵抗性が増すことによって起こる病気ということになります。ポイントは果糖の摂取であることが分かれば、なぜ伝統的な農耕文化に肥満や糖尿病が少ないのかもまた、分かってくることでしょう。


投稿日 : 2016年 8月 20日 作成者 : 漢方の野崎薬局

歯周病が不妊の原因 歯周病の原因は食生活?

歯周病が不妊の原因になるって考えたことありますか?

子宝先生は、歯医者さんの予防医学に興味津々で勉強させていただいております(*^^)v

歯周病が食生活からくるってご存知でしたか?

そして、読んでいくうちに不妊の原因にもつながることに気付きました。つまり、歯周病がある方は、不妊の原因を持っているという事です。

長尾周格先生の記事

歯周病の原因は全身及び局所の免疫低下である、そして全身の免疫は腸管免疫が司っている、という所までは理解できましたでしょうか(歯周病の基礎知識へ)。というわけで今回は、全身の免疫低下を引き起こす腸管免疫の破たんについて書きます。

腸管免疫が正常に働けなくなることで、様々な感染症や慢性疾患、アレルギーや自己免疫性疾患などが引き起こされます。腸管免疫が機能不全になる理由として、

・腸内細菌との共生の破たん ・消化管の炎症 ・栄養欠乏

などがあります。

まず、腸管には様々な細菌が住み着き、人間と共生しています。善玉菌や悪玉菌といった言葉は皆さん聞いたことがあると思います。善玉菌を増やすために乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂ることを、プロバイオティクスといいますね。この共生菌のバランスが崩れ、人体にとって有益な菌が減少し、有害な菌が増殖することが腸内細菌の共生の破たんを引き起こします。

これは抗生物質の使用や病原菌の感染などによっても引き起こされますが、最も良くみられる原因が、誤った食生活です。かつてプライス博士は近代食が引き起こす一連の疾患を“退化病”と呼びました。そして退化病を引き起こす近代食の特徴が、糖質過多と栄養欠乏でした。この糖質過多と栄養欠乏によって腸管細菌との共生の破たんが引き起こされます。

また糖質過多、特に精製された糖質は腸管内でカンジダ菌の異常増殖を引き起こします。これが腸管に慢性炎症を起こし、リーキーガット症候群などを引き起こすのです。さらには腸管の健全性を維持するために必要な栄養素が十分に食事から供給されないことによっても、腸管免疫が正常に働けなくなってしまいます。

誤った食生活による一連の疾患を“退化病”とするのならば、歯周病とはそれ自体が単独で存在する疾患ではなく、退化病の一症状に過ぎないという事が理解できるでしょう。

ここまで長尾先生の記事抜粋

つまり、間違った食生活が体内の免疫環境を悪くしているのです。結果的に口の中で炎症が起こってしまうのですね。

では、なぜ不妊に関係があるのでしょうか?

同じことが子宮環境においても発生するのです。

さきほど、

・腸内細菌との共生の破たん ・消化管の炎症 ・栄養欠乏が原因によって腸管免疫が正常に働けなくなり、様々な感染症や慢性疾患、アレルギーや自己免疫性疾患などが引き起こされるとありました。このことは、子宮でも同様に起こるのです。例えば、アレルギー反応によって炎症が起きている方は、基礎体温がガタガタになります。自己免疫疾患によって抗核抗体陽性(流産の原因)、抗精子抗体陽性(受精障害)、カルジオリピン抗体陽性(不育症の診断基準)。生理痛も子宮での炎症ですので、腸管免疫の働きが悪くなることで、生理痛の悪化を誘発する原因になるのです。

カンジダの増殖を誘発するという事は、卵管が詰まる原因にもなるのです(-_-;)

腸管免疫が正常に働かなくなる原因として、もう一つは、

冷えです

免疫は一生懸命異物を除去しようと働くのが正常です。

しかし、冷えがあると免疫が正常に働かないまたは、長期戦になるのです。

つまり

食生活の乱れ 栄養の偏り



腸内環境の悪化



免疫力の低下 → 歯周病

↓(冷えが後押し)

不妊症

  



なぜ子宝先生がカウンセリングにおいて食生活の話をするかわかっていただけました?


↑私の不妊治療に対する考え方はコメントをご覧ください♪

子供を望むカップル、女性に赤ちゃんが訪れますように。
そして今お腹の中で成長している命が今幸せであるように。
誕生した赤ちゃんが沢山の愛に守られ健やかに育ちますように。
心から願っております。


投稿日 : 2013年 10月 25日 作成者 : 漢方の野崎薬局

△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |