妊活中の方への食事指導

dōTERRA:ドテラ

お塩ちゃんの天日海塩

映画「かみさまとのやくそく」

全国の不妊治療一覧

不妊の原因

助成金情報

男性不妊

ワクチン情報

【不育症と漢方】流産経験がある方ご相談ください

【逆子と漢方】今から始める逆子の予防から治療まで

【ショウキT-1タンポポ茶PLUS 】子供を欲しい方のための妊活サプリ

薬剤師・鍼灸師の野崎利晃です。まずはお気軽にご相談ください。■0120-19-1661(携帯からもOK)電話058-241-1661

最近の記事一覧

カテゴリー

基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

薬草園blog

子宝カウンセラーの会

子宝ブログ

トランス脂肪酸

脂の接種を見直すと不育症予防が出来ますね。

『多価不飽和脂肪酸は、生体内で合成できないため、“必須脂肪酸”と呼ばれています。
すなわち、人体にとって必要な脂肪酸なのです。
ところが、リノール酸(ω-6)は、取り過ぎることで炎症を促進する働きがあることが分かっています。

「アレルギーは「砂糖」をやめれば良くなる! 溝口徹:著」によると、ω-6系脂肪酸は生体内で代謝され、アラキドン酸から、プロスタグランジン2系の生理活性物質となり、炎症を促進します。
一方、ω-3系脂肪酸はステアリドン酸からEPA、プロスタグランジン3系へと代謝され、炎症を抑制します。』

基本的な事柄として、植物油のことを考えるときに、その脂肪酸組成を知ることが大切です。
植物油の問題の大きな部分に、この脂肪酸組成の違いがあります。…
この脂肪酸組成は、一般的には4つの種類に分かれます。
飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸(ω(オメガ)-9)、多価不飽和脂肪酸のリノール酸(ω-6)、多価不飽和脂肪酸のα-リノレン酸(ω-3)です。

この内オレイン酸が多く含まれる植物油として、オリーブ油やキャノーラ油があります。
また、多くの植物油はリノール酸が優勢で、α-リノレン酸の含有率が低いものが大半です。
ちなみに、パーム油は植物油で最も多くの飽和脂肪酸を含みます。
このため、パーム油は部分水素添加した大豆油やキャノーラ油と良く似た組成になっています。

さて、多価不飽和脂肪酸は、生体内で合成できないため、“必須脂肪酸”と呼ばれています。
すなわち、人体にとって必要な脂肪酸なのです。
ところが、リノール酸(ω-6)は、取り過ぎることで炎症を促進する働きがあることが分かっています。

「アレルギーは「砂糖」をやめれば良くなる! 溝口徹:著」によると、ω-6系脂肪酸は生体内で代謝され、アラキドン酸から、プロスタグランジン2系の生理活性物質となり、炎症を促進します。
一方、ω-3系脂肪酸はステアリドン酸からEPA、プロスタグランジン3系へと代謝され、炎症を抑制します。

ところが、現代の日本人が摂取している多価不飽和脂肪酸は、圧倒的にω‐6が多く、ω-3が少なくなっています。
これが、多くの日本人に様々な慢性疾患を引き起こす原因の一つになっていると考えられています。

とは言っても、油を変えるのは大変な事。。。

家では、揚げ物はほとんどありませんが・・・。大変なようです。

だから亜麻仁油を飲んでもらいます♪

有機亜麻仁油


投稿日 : 2013年 12月 21日 作成者 : 漢方の野崎薬局

トランス脂肪酸について 1位は日本生協だそうです

トランス脂肪酸を含んでいる主な食品

● マーガリン、ピーナッツバター、コーヒークリームなど

● ショートニングが含まれる食品ケーキやクッキーなどのお菓子、ファーストフード

● 高温で精製してつくった植物性油脂コーン油、綿実油、なたね油など

● 植物性油脂を高温で調理、加工したもの  スナック菓子、菓子パン、フライドポテト、マヨネーズ、レトルト食品、冷凍食品、チョコレート、アイスクリーム、ドーナツ、チキンナゲットなど

食用の油を高温で加熱した時や、食用の油を加工する途中に出来てしまう脂肪酸で、自然界には存在しない分子構造をしていて、体内で代謝されにくく残りやすいので、摂り過ぎると私たちの身体に悪影響があるとされているものです。

脂質はたんぱく質、糖質と並ぶ三大栄養とのひとつです。脂質には大きく分けて飽和脂肪酸(動物性の脂中心)と不飽和脂肪酸(植物や魚の脂中心)があり、不飽和脂肪酸には一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸があります。多価不飽和脂肪酸にはオメガ3系(リノレン酸)、オメガ6系(リノール酸)、オメガ9系(オレイン酸)に大きく分けられます。不足するとエネルギー不足なだけでなく、細胞膜が弱ったりホルモンが産生されなかったり、ビタミンの生成も不足しがちになります。プロスタグランジンなどの生理活性物質も、もとをただせば脂質が中心です。

脂質はオメガ3系を多くとるよう勧められています。それはオメガ6系をとってしまうように、現代の食は誘導されているからです。また、オメガ6系は炎症を促進し、オメガ3系は炎症を抑制するように働きます。だから必ずどちらかでないといけないわけではありません。比率を考慮するのが大事なわけです。

そして加熱、もしくは人工的な水素添加をされた脂肪酸こそがトランス脂肪酸です。もはや有名なこのトランス脂肪が、どのように人体を悪くしていくかは今更書く必要もないでしょう。このトランス脂肪は日本ではいまだ規制対象ではなく、どのお店でもチェーン店でも普通に使われているようです。さくっと揚がったコンビニなどの商品ほどに注意しなければなりません。

そして最近発表された米国で禁止のトランス脂肪酸、国内ワーストマーガリンは日本生協連、ファストフードのワーストはマクドナルドでした。
日本国内とトランス脂肪酸ワースト5

http://www.mynewsjapan.com/reports/1935

 トランス脂肪酸とは、マーガリンやショートニングなどの原材料となる「部分的水素添加油」を製造する際に一部不純物として発生する脂肪酸だ。本来常温では液体である植物油を、マーガリンなどの固形に加工するために水素添加する過程で発生してしまう。摂取すると心臓疾患の一つである冠動脈疾患のリスクを上げることが確認されていて、世界各国で規制の取り組みが進められている。

トランス脂肪酸と不妊


投稿日 : 2013年 12月 11日 作成者 : 漢方の野崎薬局

△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |