妊活中の方への食事指導

dōTERRA:ドテラ

お塩ちゃんの天日海塩

映画「かみさまとのやくそく」

全国の不妊治療一覧

不妊の原因

助成金情報

男性不妊

ワクチン情報

【不育症と漢方】流産経験がある方ご相談ください

【逆子と漢方】今から始める逆子の予防から治療まで

【ショウキT-1タンポポ茶PLUS 】子供を欲しい方のための妊活サプリ

薬剤師・鍼灸師の野崎利晃です。まずはお気軽にご相談ください。■0120-19-1661(携帯からもOK)電話058-241-1661

最近の記事一覧

カテゴリー

基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

薬草園blog

子宝カウンセラーの会

子宝ブログ

児童相談所問題

内海聡医師の書籍の紹介

精神科は今日もやりたい放題」は私が最初に三五館から出版した精神医療の暴露本で、爆発的に売れた本でもあります。最近また業者から叩かれているようですが、彼らは常にその内容については何も言わず外からだけ攻撃するのが手口で、それがまたこの本の内容を本質的に裏付けているともいえます。精神科にかかっている患者、患者の家族、精神医療や心理学者や福祉関係者、教員などにこそ読んでいただきたい本だと言えます。

大笑い!精神医学」は次に三五館から出版した精神医療本で、マンガ付きになっているのと精神医学の根源に触れた本でもあります。その根源とは優生学、毒親、社会論、歴史などのキーワードによって示すことが出来るでしょう。こちらもまた同様に精神科にかかっている患者、患者の家族、精神医療や心理学者や福祉関係者、教員などにこそ読んでいただきたい本だと言えます。

心の病に薬はいらない」は精神薬をやめるための内海流マニュアルです。精神薬をやめるための考え方、意識、禁断症状の緩和法、解毒法、具体的な減量例などについて書いてあります。こちらの本は精神科の二冊を読んでいないとあまり意味がない本なので、三部作の最後として読んでいただきたい実践編と言えるでしょう。

医学不要論」は精神医学の枠を飛び越えて現代医学の問題点を書いた本です。現代医学の9割は不要であり、クスリのインチキや検査の無駄から病名の嘘、医学ムラや利権やどのような思想をもとに現代医学が進められてきたか、代替療法の意味についてなどを記しています。こちらはまず医学界の実態を知るために読むよう勧めており、精神科以外の病気で悩んでいるすべての方やその家族、多くの治療家やセラピストたちにこそ読んでいただきたい本だと言えます。

医者いらずの食」は私の食に関する考え方を記した基本的書物です。私の食の原点は東洋医学的考え方であり、そこに古代民族的な考え方と正の不存在が混ざっています。社会毒と食との関係、社会毒と病気との関係、食と医学と社会構造の関係についても記しており、どの病気の時にはこういう食事がおススメというのも掲載しています♪。医学不要論を実践するうえでの食事法の基本として、医学不要論が必要な方に同様に読んでいただきたい本だと言えます。

「医者とおかんの社会毒研究」は医学不要論を砕いてマンガ付きにした本であり、クスリだけでなく身の回りにある毒物を中心に取り上げています。マンガ付きなのでわかりやすいのと日常的なので、子どもや老人でもすんなり読むことが出来ます。初歩の導入として多くの方にお勧めいただければよいのではないかと思います。

子どもを病気にする親、健康にする親」は子どもに関する話題を中心に、医者とおかんの社会毒研究を少し詳しくし、放射能問題や児童福祉問題や、子どもが病気になった時の考え方や予防法についてまとめた本です。これはまさに子どもができた人、子どもができる予定の人、孫が出来た人や孫ができる予定の人にこそ読んでいただきたい本です。子どもに関する仕事をしている人にとっても同様に読んでいただきたいですね。

一日三食食べるのをやめなさい」は断食的な考え方と糖質中毒について、また量より質で食べよう、本物を食べればそんなにお腹はすかないという点を、もう少し突き詰めてみた本です。内容的には和食に擁護的となっていますが、洋食和食問わず質を重視してほしいという観点があり、ライターさんが書いてくれているので優しい口調という点でほかの本と違います。三食食べたり間食でお菓子を食べているようなすべての人は読んでもらうといいんですが。

不自然な食べ物はいらない」は種の専門家野口勲氏と、自然農法家で環境活動家の岡本よりたか氏との対談本になります。私はこの本は司会に近い形で、農薬と遺伝子組み換え食品と固定種の問題を取り上げています。こちらは農業関係者はもちろんのこと、食べ物として野菜が好きなすべての人に読んでもらいたいなと思っています。

ソフトキリング」もまた対談本です。前半は比嘉ちゃんという子が出てきますが、これは私のFBFである比嘉まりんのことです。私は勝手にリアル峰不二子とか読んでいますが、微妙に違いますけどね。あとは山本太郎氏との対談本となっており、社会毒から化粧品から医学や児童福祉、放射能問題やTPPや政治家の本音まで、平易な対談としてまとまっています。こちらも初歩的な内容としてお勧めしたい本かと思われます。

森のセラピー音で薬いらず、病気知らず」はヒーリングCD付きで普通の値段で買えるという、ある意味最もお得な本だと言えるでしょう。またこのCDが結構好評で本の内容はあまり読まれていないようにも見えますが、基本的にデトックスやリラックス法などについて平易に書いてあります。セラピストさんなんかがよく買ってくれていますが、たしかにそのあたりにとてもお勧めしやすい本だと思います。

児童相談所の怖い話」は児童福祉の闇である児童相談所問題を扱っています。児童虐待という捏造がいかにして作られていくのか、なぜ本物の児童虐待は防止できないのか、児童に関する法律の問題は事例を余すことなく掲載しています。この本こそ子供や孫がいるすべての世代に呼んでほしいと思いますが、どうもこの本の内容は現実感がないようですね。ただこの本はある意味で私が書いた中でも最も読んでほしい本だと思います。

99%の人が知らないこの世界の秘密」は医学や食を深く語っていくと必ず突き当たる、陰謀論についてまとめた本になります。後半は考え方みたいな本になっており、私自身の考え方がちゃんと書けたと思っています。この本はこれまで出してきたいろんな本を読んだ後に読んでほしい本であり、最初に読む本ではありません。どれでも読んだ後になぜこの世界はこうなっているのか、そのヒントにしていただくべく読んでほしい層はすべてということになるでしょう。

血液の闇」は言うまでもなく輸血問題と赤十字の闇を書いた本です。船瀬俊介氏との共著ですが、マイナーな内容の割にじわじわと売れている感があります。こちらはどの層とは言い難いものがあるのですが、医療関係者や専門家に読んでほしいという思いがあります。あとはもちろん血液病や輸血経験者などにも読んでいただきたいですね。

歴史の真相と、大麻の正体」はもっとオタクな歴史系の話と、さらにさらにオタクな大麻の光と闇について書いた本です。FBでも大人気だった本なのですが、やはりテーマがマイナーなのかまだまだ売れ行きは小さいです。ただ自分としては99%の人が知らない世界の秘密以上に書けたと思うので、こちらも私のいろいろな本を読んでもらった後に、読んでもらえばよいかと思います。大麻擁護論者はきっとこの本を読むのはムリでしょうが。

原発と放射能の真実」は先日出版されたばかりの本です。題名の通り原発と放射能と原子力ムラについて、それに群がる悪魔な政治家たちについて、放射能の対策や方法論についても記載してあります。放射能に関するすべての方にもちろん読んでいただきたいですし、被爆している福島や東北や関東だけでなく、地方の方にも読んでいただきたいですが、原発問題が風化してきているのが気がかりでなりません。

断薬のススメ」はクスリをやめること、西洋のクスリを使わないでどうやって治療するのか、どんな人が良くなってきたのか、どこでそのような治療が受けれるのか、体験談を豊富に掲載して出版した本です。これは医学不要論の実践篇だということもできるでしょうし、現在クスリを飲んでいる人や慢性病にかかっている人、その家族にまさに読んでほしい本ということになります。医学不要論と医者いらずの食と断薬のススメが、慢性病にかかっている人への基本セットだと思います。
↑断薬のすすめ 内海聡著 に野崎薬局紹介されております。
内海聡2
薬が人を殺している」は私の書物では初の新書で値段が安いのも利点です。内容としては精神科は今日もやりたい放題と医学不要論をミックスし、本当に砕いて砕いて書いた本になります。なので、まったく意識のない方やそういう家族などに勧めるのにぴったりの本となっており、実際購買層も今までとかなり違ってきているというデータになっています。今回の二冊はいろんな意味で武器になる、そう思っておススメしております。

以上、ぜひ買ってくださいね♪。


投稿日 : 2015年 3月 19日 作成者 : 漢方の野崎薬局

児童相談所の怖い話~あなたの子供を狩りに来る

「児童相談所の怖い話~あなたの子供を狩りに来る」の一章から。思えばこの本を書いたときほど泣いた時はなかった。昔は作家が自分の作品を見て泣くことがあったそうだが、今になればそれも理解できる。それでは、児童相談所が子どもを保護(という名の拉致)した一つのケースを見てみることにしよう。
母親がGちゃん【何歳?】を抱いて階段を降りていた際、足を滑らせて階段から転落しまった。母親は打撲を負い、Gちゃんは手を骨折してしまった。Gちゃんを心配した母親は、自分の怪我の手当もそこそこにして、慌てて病院にGちゃんを連れて行ったところ、Gちゃんを診察した医師が「母親の虐待のせいでGちゃんが骨折した疑いがある」として児童相談所に通報してしまった。

通報を受けた児童相談所は慌てて通報した病院に駆けつけると、母親からの事情聴取をすることもなく、Gちゃんを緊急一時保護と称して連れ去った。その後、母親はGちゃんの怪我の本当の原因を何度も説明したが、どんなに母親が事実を説明しても、児童相談所は母親の言い分を一切聞かず、「自分の虐待を認めない、自覚のない虐待親」と決めつけた。さらに児童相談所は「お母さんが自分の虐待を認めないなら今後、子どもさんとは会わすことはできない」と脅迫を行なったため、母親は「自分が虐待を否定している限り子どもは返してもらえない」と判断し、子どもを返してもらうためだけに自分が行なってもいない虐待を認めることにした。そして児童相談所には一切逆らわず、従順に従うことにした。   形式的とはいえ母親が虐待を認めてからというもの児童相談所職員は、母親に対して「お前は虐待親だ」と何度も言い聞かせ、母親が少しでも自分の主張をしたり、疑問点について質問したりすると、「そういうことを言うのは反省がうかがえない」と睨み付けた。母親は職員の態度に不信感を募らせたが、徹底的に従順な母親を演じることを貫き通した。   すると6カ月後になんとか子どもを返してもらうことができた。しかし現在も、また子どもが児童相談所に事実無根の虐待通報をされて、連れされられてしまうかわからないという不安に脅えて暮らしている。このケースでは母親は子どもに対していかなる体罰も与えていない。「児童虐待がある」という一方的な通報だけで、ここまでのことが行なわれている。そして、児童相談所に従順に従ってなお、子どもが帰ってくるまでには6カ月もの時間を要している。冤罪を認めて従順でなければ、この母親は子どもが成人するまっでこの子に会うことはできない。
これは読者全員にいつ訪れてもおかしくない悲劇である。

児相問題


投稿日 : 2014年 4月 4日 作成者 : 漢方の野崎薬局

出産を控えている方へ

【出産を控えている方へ】
子宝先生です。出産を迎えるにあたり様々な不安があると思います。そこに心配事を増やして申し訳ないのですが、知っていていただきたいことがあります。
出産後の精神的不安に付け込まれた時、付け込んだ人が悪いのか、付け込まれた人が悪いのか。社会が悪いのか。を考えてもどうにもなりません。まずは知っていてください。家族も知っていてください。生まれてすぐの我が子が取り上げられる現実があるという事も。命をかけて守るという覚悟を持ってください。大げさではなく現実にあります。

以下甲斐さんの記事より
DVシェルターと児童相談所で問題となっているのがシェルター内で母子引き離しと薬物投与です。婦人相談所、女性サポートセンターはノルマがある事は以前書きましたが狙うターゲットも絞っているようです。大雑把に書けば大人しい人、信用しやすい人、真面目な人、気が弱そうな人と言われます。また1番狙っているのは産後鬱等の人です。 産後で情緒不安定な人は誘導しやすいと相談員は計算してます。シェルターでは利権の1つとしてお抱えヤブ医者が勤務していますが、この精神科が非常に問題です。シェルターに入った女性にPTSDの症状があるからと非常に強い薬を投与します。これはシェルターの決まりだからと毎日決まった時間に投与を義務付けられ、口に薬を入れるところまで監視員が隣で見ているそうです。シェルターに入っていた女性からシェルター内で渡された薬の写メを見た事ありますが、その量の多さに驚きました。

何故このような大量の薬を強制的に投与するか、薬漬けにしてシェルター職員の言うことを聞く用にするため。あまりに強い薬物投与で人格が変われば薬の副作用を押さえる薬としてまた薬漬けです。2つにそんな状態にして子どもの育児が出来ないからと子どもだけ引き離し児童相談所に入れるためです。恐ろしいのは子どももPTSD症状があるからと決め付け成人と同等以上の薬物投与を行います。児童相談所で薬漬けにされた子ども達は口からヨダレを垂らし意識朦朧としているとの報告がありました。まだ幼い子ども達がです。



投稿日 : 2014年 4月 4日 作成者 : 漢方の野崎薬局

児童精神科医と児童相談所の華麗なるタッグ♡

児童精神科医と児童相談所の華麗なるタッグ♡

この話は元々親が多剤療法をされ、私のクリニックを訪れたことにはじまる。親は10種類以上の多剤療法を受け頻死に近いレベルであった。一日20時間寝るような、何一つ正確な判断などできないような、そんなレベルである。その処方箋はこちら。

デプロメール(25)2T2× タスモリン(1)2T2× デパケン(200)3T3× セニラン(5)3T3× ウィンタミン(50)1T1× ロンフルマン(0.25)2T1× ビビットエース(2)2T1× リスパダール(3)1T1× アップノールB(2.5)3T1× ウブレチド(5)2T2× マグラックス(330)9T3× ガスコン(40)6T3× ツムラ大建中湯6P3×

そしてこの夫婦の子供は虐待を受けていると判断され、児童相談所に拉致された。一時的には不登校などの時期があったようだ。親が多剤療法を受けても精神科を信じ込んでいたので、家庭は成立せず母親は子供の世話をほとんどできなかった。子供はてんかん発作はないのに脳波検査でてんかん波があるという理由によって、抗てんかん薬の処方がなされていた。

児童相談所が介入した理由は、もちろん「親の虐待」である。しかしことはそう単純ではない。何と児童相談所はこの流れから想像できる「母親の虐待」でさえなく、「父親の虐待」であると決めつけて子供を無理やり拉致ることにした。養育環境が悪く、子供に詰問するからというのである。情緒障害児と診断をつけ施設に閉じ込めて親と一切の面会を許さないようにしたのである。もちろん父親と子供の間に一般的レベルでいう虐待など存在しなかった。普通の会社員で真面目という言葉が当てはまる人物である。

児童相談所は一切親に会わせぬばかりか、その法的根拠、理由についてさえも一切明かすことはなかった(そもそも存在しないらしい)。また本来児童相談所は家庭に訪問して、状況を確認しながら隔離やその後の展望を決めるものだが、隔離以前から一切家庭には訪問してさえいない。ただの一回たりとである。そして一回たりと訪問していないにもかかわらず、児童相談所と児童相談所つきの精神科医は、父親をどうしようもない虐待者であるかのように断定した。

とはいえ親と子供が面会できる日が来た。親は様子からなにから子供にいろいろと質問をする。通常この時にケースワーカーが横につき添いし、虐待やそれに近い行為があった時に子供と親を遠ざける役割をする。面談時には一切指導されず淡々と話はすすんだ。後日報告書にはその時の様子がこう書かれている。「親は矢継ぎ早に質問し、子供に答える暇を与えなかった。いわゆる虐待としての詰問(これもまた詰問!)と判断し、それ以後の面会を一切不許可とした。」

それまでも母親の多剤について根底的理解ができていなかったため、我慢していた家族だが、さすがにおかしいと思い裁判によって不服申し立てを行うこととなった。まず第一の目的は子供を家に戻すことではない。面会ができるようになることである。しかしここで児童精神科医がまた悪虐の限りを尽くす。医師の裁量、児童相談所の裁量と、徹底したウソ偽りの医師意見書によって、面会さえやはり不可能であるという結論を下すのである。

なぜ児童相談所はこんなことをするのか。ごく簡単に言えば補助金キープである。施設を埋めておかないとお金をもらえない。そのために精神科医と結託してどこまでもウソをつく。そして弱いものから順に埋めていく。本当に虐待をしている親、主張の激しい親には彼らは強く出れないのである。今を維持できればいい人間たちにとって、無理やりトラブルを抱え込むより、弱いと見切った人間を連れ込んだ方が、簡単に目的を達成できる。

これが日本の精神医学、日本の児童養護、日本の親子教育の真実である。なぜニュースのような虐待死を防げないのか、逆になぜこのようなケースが起こるのか、そのすべてがここにある。何か感じた人はシェアしてもらうと助かる。




























投稿日 : 2014年 3月 2日 作成者 : 漢方の野崎薬局

△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |