妊活中の方への食事指導

dōTERRA:ドテラ

お塩ちゃんの天日海塩

映画「かみさまとのやくそく」

全国の不妊治療一覧

不妊の原因

助成金情報

男性不妊

ワクチン情報

【不育症と漢方】流産経験がある方ご相談ください

【逆子と漢方】今から始める逆子の予防から治療まで

【ショウキT-1タンポポ茶PLUS 】子供を欲しい方のための妊活サプリ

薬剤師・鍼灸師の野崎利晃です。まずはお気軽にご相談ください。■0120-19-1661(携帯からもOK)電話058-241-1661

最近の記事一覧

カテゴリー

基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

薬草園blog

子宝カウンセラーの会

子宝ブログ

生理

経皮毒について~妊活中、子育て中の方へ~

経皮毒–シャンプーや洗剤、など皮膚から吸収された化学物質が私達の体に悪影響をもたらすというもの。アトピーやアレルギーの原因では?と考えられています。
皮膚を通って体内に入る毒素は、食べ物などのように口から入る場合と違って肝臓など解毒機能を通過しません。体内への影響も大きいと考えられます。

★参考文献(アマゾン)
・経皮毒が脳をダメにする―日用品で脳が危ない!!
・経皮毒がアレルギーの原因だった!?―日用品が毒になる!

主な経皮物質

●合成界面活性剤-シャンプー、はみがき、家庭用洗剤、殺菌剤、柔軟仕上げ剤--ポリエチレングリコール等
●溶解剤-保湿剤や乳化剤として、シャンプー、化粧品、ベビー用品。--プロピレングリコール、トリエタノールアミンなど。
●防腐剤・酸化防止剤-日用品の多く。環境ホルモンを疑われる物質もあり。--オルトフェニルフェノール、エデト塩酸
など

経皮毒が体内に入るとどうなるか?

中毒症状や、アレルギー症状、発がん性物質、環境ホルモンなどが考えられます。環境ホルモンとは体内に入るとホルモンと似た働きをして本来の身体の活動に支障をきたすものです。
体内に入った危険物質は、すぐに作用がでると限らず体内に何年も蓄積されてから発症するものもあります。大人のアルツハイマー、認知症、子どもの凶暴化(キレる)、学習障害など年々増加する脳の病気も経費毒のせいでは?と考えられています。
特に胎児は母親が持っている毒素を簡単に受け継いでしまい(継世代毒性)、生まれながらにアレルギー体質であったりしてしまいます。

皮膚バリアーが低下していると容易に、毒性物質やアレルゲンを体内に取り入れてしまいます。
経費毒に負けないためには『できるだけ悪い物質を取り込まない、それぞれの体質、症状にあわせたスキンケア』が大切です。

経皮毒 気をつけること

●お風呂
体を綺麗にするところで、逆に毒性まみれになっていては悲しいもの。
シャンプー、石鹸(ボディシャンプー)、入浴剤は合成界面活性剤の入っていないもの(極力すくないもの)がよいです。
固形石鹸だったらいい!は大間違い。白い固形石鹸だったら「純石鹸」というわけではありません。成分をよく確かめてください。純石鹸素地(脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウム)と書かれているものを選びましょう。

●化粧品
主な毒性物質は、合成界面活性剤、防腐剤、殺菌剤、酸化防止剤です。あと、口紅などのタール系色素も発がん性が疑われています。

●洗濯用洗剤
現在市販されている洗濯用洗剤の多くは合成洗剤です。すすぎが不十分だと洗剤が衣類に残り、皮膚を刺激して皮膚炎を悪化させたりします。合成界面活性剤の濃度が30%を超えないものを使用しましょう。また蛍光増白剤や柔軟剤入りの洗濯洗剤は刺激が強く、発がん性や環境ホルモンを疑われる経費毒物質でもあるので避けるべきです。

池川明先生に経皮毒について講演いただきました!

 


投稿日 : 2014年 2月 8日 作成者 : 漢方の野崎薬局

原因を調べる前に

流産しました
死産をしました
子宮外妊娠をしました
掻把をしました

原因は?

と考える前に大切な事


赤ちゃんが何をしに来たか考えたことありますか?

赤ちゃんの気持ちを考えてみてください。

お腹の中の赤ちゃんにも人格があります。

赤ちゃんは一週間一緒にいたかったのかもしれません。

赤ちゃんは一緒におやすみなさいって言いたかったかもしれません。

赤ちゃんはお母さんに甘えたかったのかもしれません。

赤ちゃんはお母さんを守りたかったのかもしれません。

赤ちゃんはただ伝えたかっただけかもしれません。


お願いです。

貴女を責めないでください。


今も近くにいてくれるかもしれません。

時々様子を見に来ているかもしれません。

赤ちゃんは愛しているよって伝えたかっただけかもしれません。

ありがとう を待ってるかもしれませんね。


投稿日 : 2013年 12月 7日 作成者 : 漢方の野崎薬局

女性が食生活を見直すきっかけ

女性が食事を見直すきっかけ

◾いつか子供が欲しいと思った瞬間から
生まれた時にすでに将来排卵する卵子のもとである原始卵胞を持っています。食事を見直すのに早すぎる事はありません。

◾妊活または不妊治療をはじめた瞬間から
私の所にカウンセリングにこられる方は、1時間で意識が変わります。目的は、生まれてくる我が子を将来病気にしないため。

◾妊娠した時
今まで口に入れていた物に違和感を感じるようになります。感じないのは親になる覚悟がたりないって言ったら怒られますかね。

◾出産した時
口にいれたものがそのまま赤ちゃんの口に入ります。変なもの食べると我が子に悪影響がでます。

◾生理がなくなる前に
生理がある期間と生理がない期間では必要な栄養が変わります。食生活を変えないといろいろ影響します。

◾老人性なんとかと言われたら
年だから老人性なんとかなんて言ったら皆なるはずです。10年前と同じ食事をしていたら、老人性なんとかになります。

男性は女性の影響で食事が変わらないといけません。

20131130-232624.jpg

1456700_334248453383888_2033728401_n 記事と関係ないですが、まだ見に行ったことが無くきれいな写真でしたので、FBFより拝借(*^。^*)


投稿日 : 2013年 11月 30日 作成者 : 漢方の野崎薬局

薬剤師さんからの質問(^_-)-☆

【月経周期について】
久しぶりの子宝先生です♪今日はカウンセリングにて薬剤師さんにお話しする機会がありましたので、そこでの話題です。

「40日周期なんです。治りますか?」

月経周期は生理初日を1日目と数えて次の生理がきた前の日までが一つの周期になります。この周期が30日であったり40日であっても問題はありません。もちろんお月様の周期と一致した28日というのは自然のリズムと一致して理想であるかもしれませんが、必ずしもそうでなければいけないという事はありません。現代社会に生きていると、夜中でも食べることが出来て、夜中でも明るい部屋にいてとリズムが変化する要因が多いのです。

過去に180日で自然妊娠したかたがいらっしゃいますし、もちろん40日周期でも妊娠しているかたは多くいらっしゃいます。

また、40日周期と30日周期が交互であったり2種類の周期が存在することもあります。これは左右の卵巣のくせだと思ってください。また、交互に排卵するわけでもありませんので30日、30日、40日、30日だからと言って生理不順というわけではありません。

妊活中意識していただきたいのは、排卵しているかどうかという事と、排卵後の高温期が12日以上あるという事です。

ストレスによって周期がいつもと変わることがあります。
〇受験
〇海外旅行
〇寝不足
〇生活環境の変化
などなど

流産後は3か月以内にもとのリズムに戻るように養生しましょう。


投稿日 : 2013年 11月 28日 作成者 : 漢方の野崎薬局

生理用ナフキン

▼布ナプキンの効果
布ナプキンに変え、数ヶ月経つとその効果を実感することができます。多くの方が悩まれている月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)についても軽減されるようです。また、経血の排出も制御できるようになり、自分で決めたタイミングで、トイレで排出することも可能です。(江戸時代までは、日本の女性は皆それが出来ていたようです。)その他にも生理痛が無くなったり、日数も短くなったりと、効用は多くあります。

布ナプキンは、市場のニーズに気付いた「利益優先の大企業等」が、漂白剤を使用したタイプなどを市場投入しています。布ナプキンだから安心と過信せず、素材(オーガニックコットンなどが良い)、加工方法などをしっかり確認されることをオススメします。すべては早とちりせず、「正しい情報」の先にある「正しい付随情報の確認」です。

布ナプキンを洗浄する際には、洗剤を使わず、水洗いだけで済ませることが理想です。せっかく良質な物を手に入れても、「合成洗剤」などで洗ってしまっては意味が無くなってしまいます。

また、「布ナプキン」に切り替えた際、一緒に「食事」も変えていくとさらに多くの効果があります。布ナプキンを洗浄する際にも感じることと思いますが、水洗いだけで充分綺麗になります。血は、食べている「食事」によって変化します。特に「肉」や「甘い物」を好んで食べる方は、血液が酸性化している傾向が高く、汚れも落ちにくく、匂いも発しています。即ち、身体から排出されるすべての物質(汗、体臭を含む)が油分を含んだ異臭を放つものとなるのです。人間の体臭(ワキガや加齢臭を含む)の大半は、「肉食」等によるものです。

肉食の欧米人の体臭が臭いのは上述の理由です。また、その匂いを消すために、香水が発展しました。日本の場合は、自然のさまざまな香りを愉しむ「香道」が文化として芽生え、着物などに「香り袋」などをしのばせ、さりげないお洒落を楽しむ文化でした。香水のような強い香りは、日本では嫌われていたのです。


投稿日 : 2013年 11月 2日 作成者 : 漢方の野崎薬局

△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |