妊活中の方への食事指導

dōTERRA:ドテラ

お塩ちゃんの天日海塩

映画「かみさまとのやくそく」

全国の不妊治療一覧

不妊の原因

助成金情報

男性不妊

ワクチン情報

【不育症と漢方】流産経験がある方ご相談ください

【逆子と漢方】今から始める逆子の予防から治療まで

【ショウキT-1タンポポ茶PLUS 】子供を欲しい方のための妊活サプリ

薬剤師・鍼灸師の野崎利晃です。まずはお気軽にご相談ください。■0120-19-1661(携帯からもOK)電話058-241-1661

最近の記事一覧

カテゴリー

基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

薬草園blog

子宝カウンセラーの会

子宝ブログ

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第6話

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第6話
  
http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/category/株式会社ほうろく屋
  
【 第6話 見向きもされない菜種油 】
 
ほうろく菜種油(伝承油)は腰が強く、酸化しにくく捨てずに使いきれる菜種油。
 
食用油は食べる油。揚げ物やてんぷらなどでも、ゲップや胸やけもなく、お腹いっぱいになるまで食べられる。むしろ、途中で食べれなくなる方がおかしい。
   
また、素材本来の旨味や甘味を引き出し、余分な味付けなど必要なく、美味しくいただける。
   
さて、ついに平成24年7月、食用油脂製造業の許可を受け菜種油販売を始める。
  
この頃、原料菜種は年間3t。油としては900ℓほどだった。
もちろん、この菜種油に惚れ込み生み出した商品。たくさん売れると思っていた。
   
しかし、現実は違った。サラダ油の数倍の価格、店頭に並べても見向きもされず、皆、通り過ぎていくだけ。売れないのだ。
   
販売は全くの素人で、右も左も分からず教えてくれる人もいない。
僕は先代妻 たけ子の作る唐揚げを思い出し露店営業許可取得、毎日試食販売の日々。
   
そして、循環型コミュニティーの敷地内に飲食店営業許可取得、小さな揚げ物屋をオープン。パートナーは全て手作りでコロッケ、豚カツ、唐揚げなどを販売し続けた。
   
そこで、不思議な光景が起きた。
通りすがりのお客様は商品(菜種油)には目を向けないが、試食を食べると皆が言う『凄く美味しい』。そして、用事が済むとまた戻ってきて、揚げ物を買って帰る。菜種油より惣菜が売れた。
  
そんな毎日の中でも菜種栽培、菜種作付けのお願いに廻り、原料菜種が少しずつ増えていく。
  
原料が集まる→農家様へ現金での買い取り→菜種油が売れない→お金が苦しい→負のスパイラル。
  
なんとしても菜種油を売らねばならぬ。
  
先代妻 たけ子に相談した。
『この油を一番実感してくれている人は?』
たけ子は即答した。
『津島市にある、りんねしゃさんがいるよ。昔、そこの奥さんを娘のように可愛がってねぇ。菜種油も販売してくれていた』と。
 
僕はすぐ(株)りんねしゃ二代目 飯尾裕光氏に連絡を取った。
 
『先代 大嶽喜八郎の菜種油を継承し、自分でも納得のいく油ができた。味見していただき、会社での判断を』と。飯尾氏は優しく現在の状況を聞いてくれた。
   
また、たけ子も りんねしゃ様に電話していた。
 
そして、認めていただき大嶽製油所同様の付き合いで販売を援護。
『ほうろく菜種油』と命名し、他、りんねしゃオリジナル『荒搾り』『生搾り』と一つの原料でクオリティの違う3種類が生まれ、さらに販売を強化。
  
少しずつ多くの方の元へ行き、ほうろく菜種油を身体で感じ応援してくれる皆様が動いて下さり、花粉をつけ、今、花が咲き始める。
   
変態扱いされても突き進んで良かった。世の中は確実に変わって来ている。
   
僕は、ほうろく菜種油を通して食、育、健康、そして生き方を伝えるのだ。
 
  
___大切なお知らせ____________
http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/8425


投稿日 : 2016年 4月 4日 作成者 : 漢方の野崎薬局

サラダ油を飲む事出来ますか?

私たちの身体を構成する細胞を包む細胞膜( さいぼうまく)は油で出来ています。脳の60%は油で出来ています。水をお肌につけると弾きますね。油は染み込みますね。お肌の表面は油という事です。乾燥肌やアトピーの方、脳の病気の方、不妊治療中で良い卵子が!という方には摂取する油を見直していただきます。
「サラダ油を飲むことが出来ますか?」
飲むことが出来ない方がほとんどですね。毎日のお料理に油を使いますね。つまり体に入れているという事です。サラダ油の問題点は製造の過程で多くの薬品が使用される事と、トランス脂肪酸(マーガリンやショートニングなどに含まれています。悪玉コレステロールを増やし様々な不調のもととなり、最近では子宮内膜症や不妊症など婦人科系のトラブルの原因としても注目されています。)を含むという事です。商品成分表示に植物性油脂、食用精製加工油脂、食用植物油としか表示はされていません。それは化学反応によって変えられた不自然な油なのです。市販のマヨネーズやマーガリンなどにも使用されているので避けていただくと良いでしょう。
「マーガリンをまだ使っていますか?」
マーガリンを口に入れている方は、プラスチックを口に入れていると思ってください。油を変えると、「乾燥肌が無くなった」「妊娠した!」「アトピーの跡がきれいになった!」などの声を頂きますが、まずは悪い油を口に入れない事から見直してください。特に6歳までに90%の脳細胞が出来ます。幼少期に溜まった油が将来の病気の原因になるかもしれません。

よい油の選び方
〇遺伝子組み換えじゃない
〇抽出の際に薬品を一切使っていない(圧搾法と表示がしてあるもの)
〇生産者さんが見える。

とはいっても揚げてしまうと油は劣化し
ます。まずは飲むことが出来ない油を使
わない事からですね。

油はエネルギー源としての役割と、身体の組織を正常に機能させる働きがあります。毎日の口に入れるものを変えてご自身の細胞を守ってあげてください。
bnr_oil


投稿日 : 2014年 12月 29日 作成者 : 漢方の野崎薬局

ほうろく屋さんの菜種油のレシピ~お客様からの投稿♪

作り方は至ってシンプルで、大根、きゅうり、人参を同じ大きさにスライスして天日梅塩てわシメます。
お好みで昆布、鷹の爪等入れて仕上げに菜種油を垂らしま〜す
❀.(*´◡`*)❀.
ほうろく屋さんの菜種油レシピ

荒搾り油460g
国産なたね油 荒搾り油(460g お徳用)従来の菜種油の香ばしい香りを抑え、菜種の甘みが生きた菜種油が生まれました。 焼いたり炒めたり、さらに製菓などの際のオーブン加熱においてこれまで以上に菜種油の旨みを楽しむことが出来ます。 その味わいはナッツのような香りと甘みになって、素材の力を引き出します。
荒搾り油138g
国産なたね油 荒搾り油(138g)従来の菜種油の香ばしい香りを抑え、菜種の甘みが生きた菜種油が生まれました。 焼いたり炒めたり、さらに製菓などの際のオーブン加熱においてこれまで以上に菜種油の旨みを楽しむことが出来ます。 その味わいはナッツのような香りと甘みになって、素材の力を引き出します。
伝承油
ほうろく菜種油 国産なたね油 伝承油(460g お徳用)
135℃程度まで薪火で加熱し、水分を飛ばすと同時に菜種の香ばしさとコシの強さを引き出して完成します。 この伝統製法は、近代の酸化によって捨てる油とは正反対の価値「捨てない油・使い切る油」を実現させます。 また、古い油に新しい油を継ぎ足すことで、いつまでも酸化しない油としてどんな料理にもお使いいただけます。 まさに、伝統的な製法を守り<<伝承>>している菜種油なのです。
伝承油138g
ほうろく菜種油 国産なたね油 伝承油(138gお試し用) 135℃程度まで薪火で加熱し、水分を飛ばすと同時に菜種の香ばしさとコシの強さを引き出して完成します。 この伝統製法は、近代の酸化によって捨てる油とは正反対の価値「捨てない油・使い切る油」を実現させます。 また、古い油に新しい油を継ぎ足すことで、いつまでも酸化しない油としてどんな料理にもお使いいただけます。 まさに、伝統的な製法を守り<<伝承>>している菜種油なのです。
油のページへ

bnr_oil


投稿日 : 2014年 10月 28日 作成者 : 漢方の野崎薬局

ポテトチップスの発がん性

ポテトチップスなどに含まれる、化学物質のアクリルアミドのリスクを評価している内閣府食品安全委員会は3日、次世代にも影響が及ぶ「遺伝毒性をもつ発がん物質」との評価案を示した。アクリルアミドに対する国内での評価は初めて。今後、メーカーでの低減策が求められそうだ。

アクリルアミドについて、海外では2000年代初頭から、さまざまな調査結果に基づき、発がん性が認識され、消費者に注意を呼びかけている。食品安全委の化学物質・汚染物質専門調査会は、海外の動きを受けて、11年12月から独自にリスクを検討していた。調査会は、国内外の各種動物実験の結果から、アクリルアミドは遺伝子や染色体の構造に変化をもたらし、次世代にも影響しうる発がん物質、と評価した。

人に関するアクリルアミドの摂取量とがんの因果関係については、海外の疫学報告からは十分な証拠は得られなかった。国立環境研究所が中心となり、日本人のアクリルアミドの摂取量を調べ、どういう人の場合、リスクが高くなるかなどを推定し、最終的な評価書をまとめる方針。

農林水産省によると、アクリルアミドは炭水化物を多く含む原材料を120度以上の高温で揚げたり、焼いたりすると発生する。これまでの調査では多く含むものにジャガイモの加工品、ケーキ・ビスケット類、トースト、コーンスナック、コーヒーなどがある。

アクリルアミドは家庭内の調理でも発生するため、欧州食品安全機関(EFSA)は「揚げ物は揚げ過ぎず、トーストは焦がさず軽いキツネ色に焼く」など、発がん物質を減らす方法をホームページで公開、注意を呼びかけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000007-mai-soci

荒搾り油460g
国産なたね油 荒搾り油(460g お徳用)従来の菜種油の香ばしい香りを抑え、菜種の甘みが生きた菜種油が生まれました。 焼いたり炒めたり、さらに製菓などの際のオーブン加熱においてこれまで以上に菜種油の旨みを楽しむことが出来ます。 その味わいはナッツのような香りと甘みになって、素材の力を引き出します。
荒搾り油138g
国産なたね油 荒搾り油(138g)従来の菜種油の香ばしい香りを抑え、菜種の甘みが生きた菜種油が生まれました。 焼いたり炒めたり、さらに製菓などの際のオーブン加熱においてこれまで以上に菜種油の旨みを楽しむことが出来ます。 その味わいはナッツのような香りと甘みになって、素材の力を引き出します。
伝承油
ほうろく菜種油 国産なたね油 伝承油(460g お徳用)
135℃程度まで薪火で加熱し、水分を飛ばすと同時に菜種の香ばしさとコシの強さを引き出して完成します。 この伝統製法は、近代の酸化によって捨てる油とは正反対の価値「捨てない油・使い切る油」を実現させます。 また、古い油に新しい油を継ぎ足すことで、いつまでも酸化しない油としてどんな料理にもお使いいただけます。 まさに、伝統的な製法を守り<<伝承>>している菜種油なのです。
伝承油138g
ほうろく菜種油 国産なたね油 伝承油(138gお試し用) 135℃程度まで薪火で加熱し、水分を飛ばすと同時に菜種の香ばしさとコシの強さを引き出して完成します。 この伝統製法は、近代の酸化によって捨てる油とは正反対の価値「捨てない油・使い切る油」を実現させます。 また、古い油に新しい油を継ぎ足すことで、いつまでも酸化しない油としてどんな料理にもお使いいただけます。 まさに、伝統的な製法を守り<<伝承>>している菜種油なのです。
油のページへ

bnr_oil


投稿日 : 2014年 10月 5日 作成者 : 漢方の野崎薬局

ほうろく屋さんの原料へのこだわり

菜種油の原料へのこだわり

理想の品種は古来の菜種であるが、菜種油に含まれるエルシン酸(エルカ酸:22:1 ω-9)が心臓障害を引き起こすと言われるため、エルシン酸を含まない菜種であるキザキノナタネ、ななしきぶの種を愛知県内の契約農家さんで栽培してもらっております。
※キザキノナタネ、ななしきぶ、キラリボシがエルシン酸を含まない。
※エルシン酸無害説あります http://alter.gr.jp/Preview.aspx?id=6264&cls=

ほうろく屋 杉﨑学代表にインタビューさせていただきました↓↓






キャノーラ油と菜種油
ここで紹介する菜種油はもちろんキャノーラ油とは異なります。キャノーラにおいては、デュポン社が開発したグリホサート除草剤耐性品種(ラウンドアップレディー、RR)、バイエル社のグリホシネート除草剤耐性品種(リバティーリンク、LL)の遺伝子組換え(GMO)品種、非組換えの交配育種法により開発されたBASF 社のイマザモックス耐性品種(クリアーフィールド、CL)の3種の除草剤耐性品種が、栽培管理上有益な品種として広範に拡大している。遺伝子組換え作物と、遺伝子組換えではない作物とを区別せずに扱われている、遺伝子組換え不分別の作物を使用しているのです。精製過程で「n-ヘキサン抽出」を行うのが一般的で、添加物や化学薬品等による処理(苛性ソーダ・蓚酸などは菜種油を作る際に最も多用されています)、高熱処理などを行っています。≒ トランス脂肪酸を生成させてしまっています。

繰り返しになりますが、苛性ソーダ・蓚酸などは、この国では「加工助剤」として扱われ、表示義務はありません。先進国(この表現は嫌いですが)の中で、「トランス脂肪酸」の表示義務が無いのも、この国だけです。そして、原材料の問題があります。同じナタネでも、農薬や化学肥料を使用して栽培されたものには、残留農薬のリスクがあります。

荒搾り油460g
国産なたね油 荒搾り油(460g お徳用)従来の菜種油の香ばしい香りを抑え、菜種の甘みが生きた菜種油が生まれました。 焼いたり炒めたり、さらに製菓などの際のオーブン加熱においてこれまで以上に菜種油の旨みを楽しむことが出来ます。 その味わいはナッツのような香りと甘みになって、素材の力を引き出します。
荒搾り油138g
国産なたね油 荒搾り油(138g)従来の菜種油の香ばしい香りを抑え、菜種の甘みが生きた菜種油が生まれました。 焼いたり炒めたり、さらに製菓などの際のオーブン加熱においてこれまで以上に菜種油の旨みを楽しむことが出来ます。 その味わいはナッツのような香りと甘みになって、素材の力を引き出します。
伝承油
ほうろく菜種油 国産なたね油 伝承油(460g お徳用)
135℃程度まで薪火で加熱し、水分を飛ばすと同時に菜種の香ばしさとコシの強さを引き出して完成します。 この伝統製法は、近代の酸化によって捨てる油とは正反対の価値「捨てない油・使い切る油」を実現させます。 また、古い油に新しい油を継ぎ足すことで、いつまでも酸化しない油としてどんな料理にもお使いいただけます。 まさに、伝統的な製法を守り<<伝承>>している菜種油なのです。
伝承油138g
ほうろく菜種油 国産なたね油 伝承油(138gお試し用) 135℃程度まで薪火で加熱し、水分を飛ばすと同時に菜種の香ばしさとコシの強さを引き出して完成します。 この伝統製法は、近代の酸化によって捨てる油とは正反対の価値「捨てない油・使い切る油」を実現させます。 また、古い油に新しい油を継ぎ足すことで、いつまでも酸化しない油としてどんな料理にもお使いいただけます。 まさに、伝統的な製法を守り<<伝承>>している菜種油なのです。
油のページへ

bnr_oil


投稿日 : 2014年 9月 25日 作成者 : 漢方の野崎薬局

Page 1 of 212
△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |