妊活中の方への食事指導

dōTERRA:ドテラ

お塩ちゃんの天日海塩

映画「かみさまとのやくそく」

全国の不妊治療一覧

不妊の原因

助成金情報

男性不妊

ワクチン情報

【不育症と漢方】流産経験がある方ご相談ください

【逆子と漢方】今から始める逆子の予防から治療まで

【ショウキT-1タンポポ茶PLUS 】子供を欲しい方のための妊活サプリ

薬剤師・鍼灸師の野崎利晃です。まずはお気軽にご相談ください。■0120-19-1661(携帯からもOK)電話058-241-1661

最近の記事一覧

カテゴリー

基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

薬草園blog

子宝カウンセラーの会

子宝ブログ

トランス脂肪酸

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第3話

【 第3話 喜八郎との約束と独り立ち 】
  
高度経済成長期、先代 喜八郎は世の流れに逆らい自分の道を進むため、苦しい時代が続いた。
 
先代妻 たけ子とリヤカーを押し空きビンを集めて廻り、それを売り、子どもたちを必死で育てた。と言う。
 
また、親の姿を見て子どもたちの後継ぎはなく、あえて、継承しようと思わなかった。とも言った。
 
現在も世の中の荒波は続いている。そこに舟を出すほうろく屋も小さな町工場。パートナーと2人の二人三脚。
 
僕が大嶽製油所の後を継ぐと決めた時、両親そして、近くにいる人生の先輩達に大反対された。
 
『町工場は運営できないから閉鎖、倒産する』『お前は頭がおかしくなったのか?』『まして、原料菜種がない。無謀だ』と、変態扱い。もちろん心配してくれてのこと。
 
しかし僕は、こう言い返した。
 
『10年後、時代は変わる。手間暇かけて作る本物が受け入れられる。原料菜種がなければ、自分で栽培すればいい』と。
 
皆、『勝手にしろ。』の一言だった。
 
大嶽製油所自体、先代の体力から加工依頼の仕事は断り、愛知県内の菜種農家も消滅。地元農家の菜種が年間600㎏ほどのため、数日の搾油で終わってしまう。
  
実際は、無謀だった。
だから、修行も全力でやった。
  
また、近隣からの菜種油の加工依頼は僕が受け先代の指導で油を搾り経験を重ねた。
  
そして、数年がすぎる。
  
先代は認知症が入りはじめ、薄れゆく意識の中で必死に何回も肝心なタイミングを教えてくれる。
  
そんなある日、『もう、この機械を全て持って行きなさい』と、突然言われる。
  
僕は即答した。『ありがとうございます。この先いかなる苦労が起きても必ず、この伝統を守り復活させます』と、答えた。
  
これが、喜八郎との約束となった。
  
先代の言葉をもらって移設場所を検討する。原料のない中で工房の設備投資は難しい。移設場所も簡単には借りれない。困った。
   
とりあえず身内の会社の敷地内にあるブロックむき出し、雨風降り込むトイレも無いバラック小屋を自分で修理し機械をなんとか移設した。
  
よし!このバラック小屋からスタートだ‼︎
 
そして、移設間もなく喜八郎は脳梗塞で倒れ、一年後天国へ旅立った。
  
ホッとしたのであろう。アレやコレや僕が持って出る物の準備をしてくれた姿が今でも浮かぶ。
  
ただ、現在のほうろく屋でもう一度、一緒に搾油したかった。
  
後で先代妻 たけ子に聞いたことだが、大嶽製油所を廃業すると決めた時、他から数件、技術と機械を譲って欲しいとのお願いがあったと。
   
しかし、喜八郎は全て断った。

12308166_1304895156204214_8856325276581289250_o _______________
ほうろく屋は 昔ながらの手作業にこだわった
圧搾法で菜種油、油かすを製造しております。
         
二代目ほうろく屋  杉崎 学
https://www.facebook.com/tougeyamamura
        
純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 
https://www.facebook.com/hourokuya/
_______________


2016年 ほうろく屋さんの 菜種油 商品番号 1 伝承油 460g/商品番号 2 荒搾り460g/商品番号 3 生搾り138g

ほうろく屋さんのなたね油のページ
PCページhttp://www.nozaki-kanpou.com/user_data/oil.php

スマートフォンページ
http://www.nozaki-kanpou.com/blog/oil

2016年6月出荷に向けての予約を受け付けいたします。

http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/8425


投稿日 : 2016年 4月 5日 作成者 : 漢方の野崎薬局

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第4話。

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第4話。
 
いつも静岡に行った時にはお世話になっております、aSeed Jeffさんの記事より
https://www.facebook.com/aseed.jp/

【 第4話 バラック小屋からのスタート 】
さて、スタートとは言っても問題が山積みで身動きがとれず、ポツンと何時間も妄想していた事を思い出す。
 
この頃まだ、自分が納得できる菜種油ではなかったため、満足に勉強を行う環境つくりから動き始める。
 
経験を積むためには原料菜種の確保が必要。
 
日本の国産菜種自給率は0.1%、ほとんど流通していない。
カナダなどからのキャノーラ種(遺伝子組み換え)菜種を使用すれば、すぐに仕事ができた。
 
しかし、ほうろく屋の原点は『食を通して、みんなを笑顔にしたい』。だから国産菜種にこだわり、更に厳しい道を選んだ。
まず、菜の花プロジェクト西尾を立ち上げ、地元の耕作放棄地を開墾し菜種栽培。
  
近隣の循環型社会に取り組む市町村や菜の花プロジェクト団体、生涯学習に関わる各女性部、地元農家へ連携協力と菜種栽培復活のお願いに走り回る日々。
   
そして少しずつ原料菜種が集まり始める。搾油できるのがたまらなく嬉しかった。
 
もちろん、バラック小屋では食用油脂製造業の許可が受けられないため、全てボランティアで搾油。
  
仕上げた菜種油をお返しし、各団体の食育イベントなどでドーナツやてんぷら祭りで使用してもらい、市民の方々に振る舞った。また、自給用の食用油にした。
 
この取り組みの実績から、多くの人と出会い、菜種油が評価され、自分の作る菜種油の力強さを確信する。
 
時は満ちた。
 
25歳より起業し、貯えた物も全て底をつく。
  
循環型コミュニティー『心の駅 いやしろち』の活動継続のため、命懸けで突き進む。
   
平成24年7月10日、現在の愛知県西尾市西浅井町に工房を新設。
  
二代目『ほうろく屋』と屋号を変え、先代 大嶽製油所より継承した古き良き菜種油の販売が始まるのである。
12718099_1315500838476979_9172651821684300842_n 
_______________
ほうろく屋は 昔ながらの手作業にこだわった
圧搾法で菜種油、油かすを製造しております。
         
二代目ほうろく屋  杉崎 学
https://www.facebook.com/tougeyamamura
        
純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋 
https://www.facebook.com/hourokuya/
_______________
次回は、『見向きもされない菜種油』です^ ^

2016年 ほうろく屋さんの 菜種油 商品番号 1 伝承油 460g/商品番号 2 荒搾り460g/商品番号 3 生搾り138g

ほうろく屋さんのなたね油のページ
PCページhttp://www.nozaki-kanpou.com/user_data/oil.php

スマートフォンページ
http://www.nozaki-kanpou.com/blog/oil

2016年6月出荷に向けての予約を受け付けいたします。

http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/8425


投稿日 : 2016年 4月 5日 作成者 : 漢方の野崎薬局

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第6話

菜種油の ほうろく屋 杉崎さんのお話 第6話
  
http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/category/株式会社ほうろく屋
  
【 第6話 見向きもされない菜種油 】
 
ほうろく菜種油(伝承油)は腰が強く、酸化しにくく捨てずに使いきれる菜種油。
 
食用油は食べる油。揚げ物やてんぷらなどでも、ゲップや胸やけもなく、お腹いっぱいになるまで食べられる。むしろ、途中で食べれなくなる方がおかしい。
   
また、素材本来の旨味や甘味を引き出し、余分な味付けなど必要なく、美味しくいただける。
   
さて、ついに平成24年7月、食用油脂製造業の許可を受け菜種油販売を始める。
  
この頃、原料菜種は年間3t。油としては900ℓほどだった。
もちろん、この菜種油に惚れ込み生み出した商品。たくさん売れると思っていた。
   
しかし、現実は違った。サラダ油の数倍の価格、店頭に並べても見向きもされず、皆、通り過ぎていくだけ。売れないのだ。
   
販売は全くの素人で、右も左も分からず教えてくれる人もいない。
僕は先代妻 たけ子の作る唐揚げを思い出し露店営業許可取得、毎日試食販売の日々。
   
そして、循環型コミュニティーの敷地内に飲食店営業許可取得、小さな揚げ物屋をオープン。パートナーは全て手作りでコロッケ、豚カツ、唐揚げなどを販売し続けた。
   
そこで、不思議な光景が起きた。
通りすがりのお客様は商品(菜種油)には目を向けないが、試食を食べると皆が言う『凄く美味しい』。そして、用事が済むとまた戻ってきて、揚げ物を買って帰る。菜種油より惣菜が売れた。
  
そんな毎日の中でも菜種栽培、菜種作付けのお願いに廻り、原料菜種が少しずつ増えていく。
  
原料が集まる→農家様へ現金での買い取り→菜種油が売れない→お金が苦しい→負のスパイラル。
  
なんとしても菜種油を売らねばならぬ。
  
先代妻 たけ子に相談した。
『この油を一番実感してくれている人は?』
たけ子は即答した。
『津島市にある、りんねしゃさんがいるよ。昔、そこの奥さんを娘のように可愛がってねぇ。菜種油も販売してくれていた』と。
 
僕はすぐ(株)りんねしゃ二代目 飯尾裕光氏に連絡を取った。
 
『先代 大嶽喜八郎の菜種油を継承し、自分でも納得のいく油ができた。味見していただき、会社での判断を』と。飯尾氏は優しく現在の状況を聞いてくれた。
   
また、たけ子も りんねしゃ様に電話していた。
 
そして、認めていただき大嶽製油所同様の付き合いで販売を援護。
『ほうろく菜種油』と命名し、他、りんねしゃオリジナル『荒搾り』『生搾り』と一つの原料でクオリティの違う3種類が生まれ、さらに販売を強化。
  
少しずつ多くの方の元へ行き、ほうろく菜種油を身体で感じ応援してくれる皆様が動いて下さり、花粉をつけ、今、花が咲き始める。
   
変態扱いされても突き進んで良かった。世の中は確実に変わって来ている。
   
僕は、ほうろく菜種油を通して食、育、健康、そして生き方を伝えるのだ。
 
  
___大切なお知らせ____________
http://www.nozaki-kanpou.com/blog/archives/8425


投稿日 : 2016年 4月 4日 作成者 : 漢方の野崎薬局

油のヘキサン処理

油のヘキサン処理

サラダ油はノルマルヘキサン(劇薬)で抽出されています。
そうじゃないものは、圧搾一番絞りと書いてあります。

サラダ油を選ぶとしたら、この表示を探してください。
・圧搾一番絞り
次に、
・NON-GM(遺伝子組み換えでない、分別などの表記があるものを)

ちなみに米油について、全部とは言いませんが、ほとんどは糠から抽出するのではなく、玄米からヘキサン抽出をされています。

ヘキサン抽出をしたものは、苛性ソーダで中和され油には残っていないとされているため表示はされません(加工助剤)

ヘキサン処理された油は酸化が早く、抗酸化物質も除去されていることが多いようです。つまり、高そうな圧搾一番絞りの油でも、比較的長く使えると思えば高価ではないと言えます。(実際そういう声もあります。)。

食べるものあるでしょ!?

また醤油の脱脂加工大豆や農業で使い大豆カス、菜種カスもヘキサン処理している可能性があるので気になる方はメーカーに聞くといいでしょう。

ちなみにある業界では、消泡剤が入った油もあるということを覚えておくといいでしょう。まさにヘキサンプラスチック仕立ての、プラスチック添えみたいな感じですね。



●ノルマル・ヘキサン抽出油脂
 「普通のサラダ油」は、カナダやオーストラリアから輸入された原料(遺伝子組換えされているものがある)を使った食用油を無色、無臭にまで精製してあるもので、薬品(ノルマル・ヘキサン)で抽出し、苛性ソーダやクエン酸、シュウ酸、リン酸、活性白土などを使って精製するという工程を経て、商品化されています。ノルマル・ヘキサン抽出や高温処理によって脂肪酸は安全なシス型から有害なトランス型に変わります。また、製造工程中に薬品を使う危険性、遺伝子組換作物の危険性があるとともに、原料の持つ栄養分=抗酸化物質もいっしょに取り除かれてしまうので、開封後の酸化の進みが激しく、病気の原因である活性酸素を取り除く効果が発揮されません。実に抗酸化力は自然抽出油に比べて300分の1にまで落ちてしまうといわれます。(オルターから引用)


投稿日 : 2014年 4月 24日 作成者 : 漢方の野崎薬局

脂の接種を見直すと不育症予防が出来ますね。

『多価不飽和脂肪酸は、生体内で合成できないため、“必須脂肪酸”と呼ばれています。
すなわち、人体にとって必要な脂肪酸なのです。
ところが、リノール酸(ω-6)は、取り過ぎることで炎症を促進する働きがあることが分かっています。

「アレルギーは「砂糖」をやめれば良くなる! 溝口徹:著」によると、ω-6系脂肪酸は生体内で代謝され、アラキドン酸から、プロスタグランジン2系の生理活性物質となり、炎症を促進します。
一方、ω-3系脂肪酸はステアリドン酸からEPA、プロスタグランジン3系へと代謝され、炎症を抑制します。』

基本的な事柄として、植物油のことを考えるときに、その脂肪酸組成を知ることが大切です。
植物油の問題の大きな部分に、この脂肪酸組成の違いがあります。…
この脂肪酸組成は、一般的には4つの種類に分かれます。
飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸(ω(オメガ)-9)、多価不飽和脂肪酸のリノール酸(ω-6)、多価不飽和脂肪酸のα-リノレン酸(ω-3)です。

この内オレイン酸が多く含まれる植物油として、オリーブ油やキャノーラ油があります。
また、多くの植物油はリノール酸が優勢で、α-リノレン酸の含有率が低いものが大半です。
ちなみに、パーム油は植物油で最も多くの飽和脂肪酸を含みます。
このため、パーム油は部分水素添加した大豆油やキャノーラ油と良く似た組成になっています。

さて、多価不飽和脂肪酸は、生体内で合成できないため、“必須脂肪酸”と呼ばれています。
すなわち、人体にとって必要な脂肪酸なのです。
ところが、リノール酸(ω-6)は、取り過ぎることで炎症を促進する働きがあることが分かっています。

「アレルギーは「砂糖」をやめれば良くなる! 溝口徹:著」によると、ω-6系脂肪酸は生体内で代謝され、アラキドン酸から、プロスタグランジン2系の生理活性物質となり、炎症を促進します。
一方、ω-3系脂肪酸はステアリドン酸からEPA、プロスタグランジン3系へと代謝され、炎症を抑制します。

ところが、現代の日本人が摂取している多価不飽和脂肪酸は、圧倒的にω‐6が多く、ω-3が少なくなっています。
これが、多くの日本人に様々な慢性疾患を引き起こす原因の一つになっていると考えられています。

とは言っても、油を変えるのは大変な事。。。

家では、揚げ物はほとんどありませんが・・・。大変なようです。

だから亜麻仁油を飲んでもらいます♪

有機亜麻仁油


投稿日 : 2013年 12月 21日 作成者 : 漢方の野崎薬局

Page 1 of 212
△TOPへ戻る
| 初めての方へ | ショッピングの流れ | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |
| 会社案内 | プライバシーポリシー |