基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

2019年2月の一覧

薬草クラブ ハコベ

ハコベ 繁縷 Stellaria media Cry.  ナデシコ科 [気味]甘・鹹、平 [帰経]― [主治]一切の積年の悪瘡・下血によい。塊痛を止める。塩ハコベとして歯槽膿漏によい。葉・茎をおひたし、煎汁を飲むと血を清浄にして産後の肥立ちをよくする妙薬(清血・解毒・利尿・催乳)。   蘩蔞へいとしひさしくもいへさりし かさのくすりぞつねにくふべし(はこべは平

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 8日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ハクサイ

原産地は中国北部で、野生の植物からではなく、蕪(かぶ)と漬(つ)け菜(な)類が自然に交雑して、栽培種としての白菜の原形ができたと推定されています。 中国では11世紀ごろの「本草図経」に記録があり、現在でも最も栽培量の多い野菜です。 白菜の英名も「Chinese cabbage(中国のキャベツ)」といいます。 日本での歴史は以外なほど浅く、初めて入ってきたのは1875年(明

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 8日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ネギ

・ネギ [気味]辛、温 [帰経]肺・胃 [主治]風邪の発熱悪寒を除き、顔や目の浮腫を治し、よく汗を出す。ネギは、発散通気を主り、手の太陰肺経、足の陽明胃経、足の少陰腎経に入る。上下の陽の気を通じ、一切の魚肉の毒を解す。ネギに含まれるアリシンは、血行をよくして身体を温め、消化を助け、疲労の蓄積を防ぎ、神経を鎮めるなど、さまざまな効果があり、また、強力な殺菌作用があります(散

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 8日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ニワトコ

ニワトコ、接骨木(スイカズラ科)Sambucus Sieboldiana BL,の茎枝 [気味]甘・苦、平 [帰経]肝・腎 [主治] 腎炎、ネフローゼによる浮腫、尿利減少によく、打ち身による内出血など、尿を排出する(袪風利湿・舒筋活絡・活血止痛、袪瘀利水)。   中国から朝鮮半島、日本にかけて分布する。昔の接骨医は、ニワトコの枝の黒焼きにうどん粉と食酢を加えて

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 8日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ニラ

ニラ(韮) [気味]辛・甘、温 [帰経]肝・腎・胃 [主治]内臓を温め、疲労回復、食を進め下痢を治す。肝経の病を主る。最も中脈を補うのによい(補陽和中降気・舒筋活血化瘀・解毒)。   中国西部原産と考えられる葷(くん)の類である。中国名を韮、日本への渡来は早く、『和名抄』(932)にコニラという古名で出ている。 人見必大著『本朝食鑑』に 「韮(にら

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 7日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ニッケイ

日本ニッケイ 肉桂(クスノキ科)Cinnamomum okinawense Hatusima 寄贈者名・産地・年月日・経歴:2003矢田氏、吉岡氏(山口県自生)   肉桂 [気味]辛・甘、熱 [帰経]肝・腎・心・脾・胃 [主治] 血行をよくする(温中補陽・散寒止痛・温通経脈)   ベトナム周辺原産の常緑樹で、幹の皮をはいで薬用にしたものが桂皮、中国で

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 7日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ナンテン

ナンテン 南天実(なんてんじつ) メギ科 ナンテンはメギ科の灌木で中国原産といわれます。日本でも本州中部以西の温暖な地方の林野に自生状態ですが鑑賞用に垣根や庭に植えられます。ナンテンは、木化した茎(幹)をもつ草本で、普通の樹木のような形成層が無く肥大成長せず年輪をつくらないという。 南天実にはベルベリン系アルカロイドが含まれています。ベルベリンは大腸菌やコレラ菌などの細菌に対し

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 7日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ナツメ

ナツメ(Zizipus jujuba Mill, var. inermis (Bunge) Rehd.) 寄贈者名・産地・年月日・経歴:1999、11唐招提寺(恩田大棗)、2005、1大明寺 [気味]甘、温 [帰経]脾・胃・心・肝 [主治]脾胃を補う。疲れ、食欲不振、めまい、躁鬱、貧血、心悸、不眠、多夢、イライラ、抗ストレス作用。(補中益気・補脾和胃・養営安神・緩和

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 7日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ナズナ

  [気味]甘、平 [帰経]肝・胃 [主治]五臓を利し、目を明らかにし、胃を益する(清熱利水・涼血止血・平肝明目)。   薺(なづな)うんあまくどくなしかさにいむ 気をもうごかす中をやハらぐ(萕は温で甘く毒なし瘡に忌む、気をも動かし中を和らぐ) なづなねハ目のいたミをぞとむるもの しるもミだして中へ入べし(なづなは目の痛みを止めるもの、汁も見出して中に入

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 2月 7日 作成者 : y.nozaki

3 / 3123
△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |