基本体温表ダウンロード

鍼灸治療院のご案内

神薬才花苑

子宝カウンセラーの会

2019年1月の一覧

薬草クラブ セリ

セリ [気味]甘・辛、涼 [帰経]肝・大腸・小腸 [主治]食欲増進、芳香性健胃薬、大小腸を丈夫にし、黄疸を除き、酒後の熱を去る。 正月七日にその年の無病息災を願って七草の粥を作って食べる習慣があります。   あかねさす 昼は田賜びてぬばたまの 夜のいとまに摘める芹これ (明るい昼の間には班田収授の業務に携わり、暗い夜に田んぼで摘んだ芹がこれですよ。

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 6日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ スベリヒユ

スベリヒユ(生薬 全草を馬歯莧(ばしけん)という) [気味]酸、寒 [帰経]大腸・肝・脾 [主治]腸炎痢疾・尿血・尿道炎・小便熱淋(血毒を散じ、腫れを消し、腸を利し、胎を滑らかとし、毒を解し、小便の渋り痛みを治す)(清熱袪湿・散結消腫・利尿通淋)。   馬歯莧あますゆくしてひえのもの 大小べんをつうじこそすれ(すべりひゆ、甘酸くして冷えの物、大小便を通じこそす

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 6日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ スダチ・カボス、ユズ

冬は温かい食べ物が美味しくなる季節です。湯豆腐、白菜鍋、しゃぶしゃぶ等の鍋料理のタレには、ユズ、スダチ、カボス、レモンなどの酸味のある果汁は欠かせません。五行説で酸は肝を養うとあります。 気味は酸・寒で帰経は肝・胃に入る。食毒を消し、酒毒を解すといわれ、冬期間の薬味として大切です。 ユズは、中国の長江上流域が原産といわれていて、唐の時代に遣唐使が持ち帰ったとされている。日本では、奈良時代には栽

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 6日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ スイカズラ

スイカズラ(生薬 花蕾を金銀(きんぎん)花(か)、茎葉を忍冬(にんどう))(スイカズラ科)Lonicera japonica THUB. [気味]甘、寒 [帰経]肺・胃・心 [主治] 浄血、解毒の妙薬(清熱解毒・涼血止痢・疏散風熱)、浴剤に用いると痛みはとれ、冷え症、しもやけ、あせも、ただれによい。 花蕾の金銀花、茎葉の忍冬の効用はほぼ同じ。   スイカ

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 4日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ シラン・白芨

シラン・白芨(ラン科)Bletilla striata REICHB. f、の塊茎 寄贈者名・産地・年月日・経歴:1999,11唐招提寺 薬用部位・効能・開花・採集時期:開花は初夏。収穫は2年目の秋。5分ほど熱湯につけて乾燥。 効能は、咽喉、胃、腸などの諸出血に用いる。生根をすりおろして傷薬とするほか、床ずれ、長距離ドライバーの痔出血予防に効く。 繁殖法:春または秋

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 4日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ショウブ(白菖)、セキショウ

・植物名・薬物名・科名 ショウブ(白菖)、セキショウ(菖蒲)の根茎   ・寄贈者名・産地・年月日・経歴 2003矢田氏(ショウブ)、セキショウ(関市洞戸高賀自生)   ・薬用部位・開花・採集時期 ショウブ:収穫は11~3月。効能は、神経痛・リウマチに入浴剤。 セキショウ:収穫は5月。健胃・鎮痛・腰痛・耳痛   ・繁殖法 3月に、3~

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 4日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ショウガ(生姜)

  1、ショウガ [気味]辛、温 [帰経]肺・脾・胃 [主治]芳香性の辛味健胃薬であり、食欲増進、胃下垂、吐き気、しゃっくり、腹痛、下痢、風邪、蟹魚毒消し(発散風寒・袪痰止咳・温中袪湿・化飲寛中・降逆止嘔)。   2、生姜汁 [気味]辛 、微温 [帰経]― [主治] 辛散の力が強く、開痰止嘔するので、中風痰迷の牙関緊急・意識消失・嘔吐などに用

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 1日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ シュウカイドウ

シュウカイドウ(シュウカイドウ科)漢名 秋海棠   中国原産で、各地に栽培される。白井光太郎著『改訂増補日本博物学年表』(1941)によれば、寛永18年(1641)にシュウカイドウを中国から輸入すとしている。   名前の由来 天明4年(1784)、スウエーデンのツンベルク著『日本植物誌』(フローラ・ヤポニカ)は、長崎で採集したシュウカイドウを日本名sjukai

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 1日 作成者 : y.nozaki

薬草クラブ ジャノヒゲ・麦門冬

ジャノヒゲ・麦門冬(ユリ科)Ophiopogon japonicus KER-GAWL,の塊根 寄贈者名・産地・年月日・経歴:1999,11唐招提寺 薬用部位・開花・採集時期:開花は初夏。収穫は、5月に紡錘根を。   [気味]甘・苦、微寒 [帰経]肺・心・胃 [主治]咳止め、痰切り、声がれ、滋養強壮。心臓、糖尿病に用いる(清熱潤肺・止咳・養胃生津・清心除

[続きを読む]

投稿日 : 2019年 1月 1日 作成者 : y.nozaki

△TOPへ戻る
| 最新情報 | 初めての方へ | 会社概要 | アクセス | プライバシーポリシー | リンク | サイトマップ |